ギャンブルにハマりやすい人にこそ副業はオススメ!?その理由は?

目安時間 9分
プロフィール:毎日朝7時に自宅を出て21時に帰宅する、ブラック企業の営業職!時間がない!!が口癖だったが、唯一の救いはスマホを持っていたこと。スマホを使って副業を開始して1年でたったころには年間50万を稼ぎ出した。

独自で外注化戦略にチャレンジし、試行錯誤を重ねて外注スタッフさん100名以上管理することができるようになりました。そこから自分で書かないkindle書籍の出版方法を確立。現役でブラック企業で働きながら、スマホを使っての外注管理・SNS戦略・Youtubuなどを駆使して展開中。移動の多い営業職なら、時間の使い方さえ工夫できれば、スキマ時間だけで情報発信できちゃいます。

『時間がない』が口癖の私が行っている唯一無二の方法、外部パートナーと連携した仕組化、ゼロに近いぐらい時間がなくても副収入化を実現しました。超忙しい営業職の会社員の僕が『最速で』実績を作るために行った0⇒1戦略の秘密と行動力の出し方《時間管理術》×《仲間と一緒に人生を変える行動力の秘密》を出版中(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをメルマガ講座にて無料配信中

名古屋市在住のサラリーマンです。

 

実は私は、ギャンブル依存症経験者でした。

 

20代の頃は、ナンパに明け暮れたり(結果は駄目でしたが…)

暇さえあればパチンコ、競馬、などギャンブル全般にハマっていました。

 

気が付いたら借金1000万!!

 

ですが、こんな僕でもギャンブル依存症を克服し今は、副業で月10万円を稼げるようになりました。

 

今回は、僕なりのギャンブル依存症の克服ついてや、何故ギャンブル依存症の方に副業がおすすめなのか

紹介していきます。

 

ギャンブルにハマったきっかけ

きっかけは、20代の頃に先輩に連れて行ってもらったパチンコ屋がきっかけでした。

 

先輩に[これ打ってみて面白いよ]と言われ人生で初めてパチスロを打ったときです。

 

始めは、[これの何が面白いのか意味わかんねww]と思いながらサンドにお金を

いれたのを今でもハッキリ覚えています。

 

そしたら確か3000円ぐらいだっかな?メダルに変えてスロットに入れ回したらボーナスがかかりだし

3000円をが一気に50000円になりました。

 

[え、パチスロってこんなにも稼げるのかヤバっwwバイト代より稼げるじゃん!!]

 

この時からパチンカスになりました(笑)

 

それからは、1人でも通うようになりパチンコだけではなく競艇や競馬など

色んなギャンブルに手を出していき、当然勝てるわけもなく徐々に

借金だけが増えていく一方でした。

 

この時自分がギャンブル依存症だとは、おもいもしなかったです。

 

ギャンブル依存症かも…

 

相変わらずパチンコ屋や公営ギャンブルなどに通う毎日、当然勝てるわけもなく

[なんで僕は、こんなにも勝てないのだろうか]や[店長また今日も、僕に遠隔しやがったなくそっ]など

自暴自棄に明け暮れ、勝てない日はヤケ酒をし翌日には、またギャンブルをしにいく。

 

 

今、思えば相当ヤバい生活をしていました。

 

[これは、自分の中で何かがおかしくなっている]と思い始めた頃、ネットや本屋を探してみて

たどり着いた答えが《ギャンブル依存症》という病気。

 

最初は、[僕が、ギャンブル依存症!?そんな訳ない!たまたま人よりも運がないだけだし今は、借金があるけどいつかギャンブルで返せるから大丈夫!!]

 

これもギャンブル依存症の症状なんです。

 

ギャンブル依存症は、簡単に説明させて頂きますと脳の中に快楽の回路があるんですね。

 

で、ギャンブルで勝ったり負けたりを繰り返すと脳の中のドーパミンの作用が普通の人より

おかしくなるんですね。

 

ギャンブルをしないと落ち着かない、イライラする、約束を破ってまでギャンブルをする。

 

そしてギャンブルのために借金をするなど、これらの状態がギャンブル依存症の症状です。

 

ギャンブル依存症は、否認の病気と言われていますがまさにその通りで、

僕自身もギャンブルで負けて借金までしているのに

[自分は、違うんだ。まだ負けじゃない!]

とズルズル引っ張りながら日々を過ごしていました。

 

そんな状態が約10年間続き、ついに克服する転機が訪れます。

克服や副業について

 

きっかけは、仕事が忙しくなったことです。

 

依存症の状態でも仕事だけは、真面目に働いていて西日本を出張したり

海外に転勤などギャンブルする暇もなくとにかく忙しい毎日を送っていました。

 

その頃、仕事の合間の時間やプライベートの時間を、利用し

副業の仕事を開始しました。

 

僕は、このままサラリーマンとして人生が終わるのが嫌だったんです。

 

今の職場は、給料は悪くないのですがその代わり、自分の大事な家族とも

時間がなかなか取れないのです。

 

[このままサラリーマンとして終わりたくない。子供も成長していきお金もかかる

ましてやこの先会社もどうなるか分からないのに、1つの収入源で生きていけるのだろうか?]

 

給料が、上がれば上がるほど会社の拘束時間も長くなりますし嫌な人間関係も

続けてい行かないといけないことに、心底腹が立ちました。

 

[なら思い切って副業に挑戦してみよう!人生一度きりだしこのまま奴隷で終わりたくない!]

 

 

この考えにシフトしたら、死ぬほど働いたお金をギャンブルに使うのは、すごく勿体ないと思うようになりました。

 

また、ギャンブルに費やす時間も非常に苦痛になりました。

 

お金は、頑張れば何とかなるのものですがギャンブルに費やしてしまった時間は、

一生戻ってこないのです。

 

失った時間に対してすごく後悔しました。

 

ですが、この経験があったからこそ今の自分がいるのです。

 

時間やお金をギャンブルに費やすのを辞めて、本業や副業に対して

真剣に行動を行なった結果

借金1000万円を無事完済!!

今では、副業で月10万円を安定的に稼げるようになりました。

 

副業で稼げるようになってからは、もうギャンブルをしたいとは思わなくなりました。

時間とお金ももったいないですしね!

ギャンブルにハマりやすい人ほど…

 

僕は、ギャンブル依存症でたくさん借金もしていましたが

ギャンブル依存症だから成功できないとはおもいません。

 

ちょっと人よりコツコツとやるのが好きだったので、運悪くギャンブルにハマっただけだと思うんですね。

 

そんな人に副業は、是非お勧めです。

 

副業ってよく投資や、資産運営など大金が必要なイメージがありますが、

0からでも始められる副業は、沢山あるんですよね。

 

ましてや依存傾向の強い僕なんかは、副業がすごくあっていました。

 

ギャンブル依存症の克服のきっかけは、人それぞれだと思うんですね。

 

巷では、ギャンブルをしてた自分を憎めだとかお金を持ち歩かないなど色々ありますが、

正直そんなものでギャンブルを克服できるとは思いません。

 

むしろ依存しやすいということは、

 

無限の可能性があるのでは、ないのでしょうか?

 

普通の感覚じゃ成功なんてできないですからね。

 

 

まとめ

今、ギャンブルで辛い思いをされている方へ

 

今からギャンブルで使おうとしているお金や時間を少しずつでもいいので

副業や自己投資にお金を使ってみませんか?

 

わたしは、これまでギャンブルでつらい経験をしたからこそ、わかるお金のありがたみを

ひしひしと感じています。

 

小さな一歩でも積み重ねるだけでもいいのでやってみましょう!!

きっと世界の見え方が変わります!!

 

僕は、それで副業で月に10万円を安定的に稼げるようになりましたし

世界の見え方が変わりギャンブルに興味はなくなりました!!

 

超ブラック企業リーマンの副業10万円物語!

激務リーマンのゆうたくと申します。

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のブラック企業勤めの激務リーマン僕が、スキマ時間を使って10万以上以上稼ぐことに成功しました!

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

スキマ時間でも10万稼ぐのなんて方法を

知ってるか知らないかだけの単純なことだよ?

 

10万円物語ってなんのことだ?

 

人生変わるべ??

 

無料プレゼントの電子書籍の感想待ってるよ

ブラック企業勤めの激務サラリーマンのわたしが

たったの3か月で実践できた

10万円の作り方が知りたきゃココ!

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら