クラウドワークスでライターをやってみた・稼げる?メリットは?

目安時間 19分

 

クラウドワークスで稼ぎたいけどライターってどうなのか!ライターの案件はどんなのがあるのか!?

 

ライターを副業にできるのかなど気になるのではないでしょうか。

 

これからライター始めようとか始めたけど上手くいかないなど、私の苦悩体験やその克服方法など参考になればと書いてみました。

 

クラウドワークスって?

 

既にご存知の方は多いと思いますが、クラウドワークスはクラウドソーシングの仕事仲介の運営サイトの代表的な一つです。

 

仕事の案件は、多岐にわたりますが基本的にネット経由で行えます。

 

翻訳・通訳サービス、ECサイト・ネットショップ構築、ライティング・記事作成などほぼ、PC内やネット上で完結する仕事であります。

 

例えば、クライアントとのコミュニケーションはチャットワークスやスカイプなどのアプリを使います。

 

応募する時の注意点としては、信用のあるクライアントの案件に応募するべきでしょう。

 

クライアントがクラウドワークスに本人確認をしていないとか星印評価が低すぎないかなど。

 

信用のなさそうなクライアントとの契約は注意したほうがよさそうです。

 

特にあやしいのは、自分の実績もないのに、スカウトの案件がくるのはほぼ間違いなくウラがあり、1つ目の案件は普通を装い、安心させたあとに次の案件から詐欺まがいの案件だったりする場合もある可能性も。

 

これはある程度の勘を働かせて怪しい臭いニオイをかぎ取る力があれば分かるかもしれません。

 

ライターって?

 

広い意味では、文章を書くことによって稼ぐ仕事であり、その種類は多岐にわたります。

 

例えば、時事問題を扱うルポライター、有名人、著名人の影武者であるゴーストライター、スポーツライター、雑誌社の記事を書くライター、ネット上に上げる記事を書くWebライターなど数え上げたらきりがないですね。

 

では、クラウドワークスでのライターの種類はどんなのがある?

 

仕事カテゴリを見てみると「ライティング・記事作成」があり、そのなかにあるのは

  • キャッチフレーズ・コピーライティング
  • 名前募集
  • ブログ記事作成
  • レビュー・口コミ
  • 記事・Webコンテンツ作成
  • 文書作成
  • 編集・構成・リライト
  • セールスコピー・セールスレター
  • 電子書籍制作
  • メルマガ・DM作成
  • その他(ライティング)

この中の、「ブログ記事作成」、「記事・Webコンテンツ作成」、「文書作成」あたりですが、「キャッチフレーズ・コピーライティング」や「セールスコピー・セールスレター」あたりにも初心者向けの案件が混在しています。

 

ところで稼げるのか?

 

結論から言って初心者がすぐに専業で稼ぐのは無理と断言できます。

 

もちろん「稼ぐ」の定義にもよりますが、ここでの定義は衣食住につき不自由なく生活できるレベルと言えます。

 

住むところにもよりますが月額で、単身なら20万円くらい、所帯持ちなら30万円くらいでしょうか。

 

最初に、ライティングに関してどの程度稼ぐ事ができるのか簡単にシミュレーションしてみましょう。

 

単価は文字単価にて換算する場合が多く、一文字0.1円から高くても数円程度になっています。

 

例えば仮に、一日2000文字の文章を一か月間毎日納品したとして、一文字1円で換算すると、2000*1*30=6万円 といった所が現実的になります。

 

実際、初心者が一文字一円の記事を受注できるのが容易ではなく、例えたまたま受注できたとしても継続してとなるとなおさらであるのが想像に難くありません。

 

したがって、初心者がいきなりWebライターの専業になる事は決してオススメできる事ではありません

 

副業としてならアリといえます。

 

もっとも専業で6万円では普通に生活できないし、本業に加えての副業であれば今度は時間をどのくらい割り当てられるかの問題となるでしょう。

 

確実に言える事といてば、直ぐに大きくは稼ぐ事ができない職業

 

コロナ禍で、ネットで出来るビジネスへ参入する人が増え、ライターも増える事で競争相手も増え、より短期間で稼ぐのは難しくなっているのは間違いないなさそうです。

 

初心者で、2000文字といえども納品できるまでの品質に辿り着くのに何時間で完成できるかも一つの指標となりますね。

 

それでは何に価値をみいだすのか?

 

書く事自体が好きならば将来的にライターとして時間労働への対価で稼いでもいいですが、いずれは不労所得に繋げる目的ならもっといいのではないでしょうか。

 

という事で、私はゆくゆく価値のある記事を生み出せるために先ずはとにかく実践で練習することにしました。

 

実践で練習とは?

 

私がした練習は、記事をうみだすのには手間暇がかかるので、記事を量産する必要があるブログ運営クライアントにほぼ無償で記事を提供する代わりに書いた記事に対し公開できるまでの添削をしてもらうという契約に応募。

 

また、これは実績作りでもあります。

 

実績がないと1円程度の文字単価でも応募してもほぼ採用されない為です。

 

具体的にいつまでにいくらくらいという目安としての目標をもつのはいいとは思います。

 

メリット・デメリットについて

 

どんなメリットがある?

 

  • ライティング自体はいつでも、どこでも作業ができるので、副業するのにあたり本業の仕事場所の自由度が高ければ、特定の場所にとらわれない働き方ができる。
  • ライティングスキルの向上、本業への副産物としてのプラス効果。

例えばメールの書き方がより相手目線でやさしくなるなど。

  • インプットとアウトプットの繰り返しになり、インプットする記事内容については検証する事もあるため書くテーマについてかなり詳しくなる。
  • 別の収入の柱をもつきっかけを掴む。

など…

 

デメリットは?

 

  • 直ぐにでもお金がいる人には向かない。
  • お金をなるべく早く稼ぐ必要がある人には現実的でない。
  • 通常単価が安く稼ぎ出すには時間が掛かりすぎるのでオススメできない。
  • 単価のシミュレーションから入門者及び初心者には、最低時給にもとどかないケースがほとんどであることは明らか。

など…

 

経験して学んだこと

 

クラウドワークス2度目の契約時に2000文字以上の記事を20本ほど書きました。

 

記事提供はほぼ無償でしたがその代わりに、記事公開できるまで添削してもらえたり多少ブログ運営のノウハウを教えてもらえたりという契約でした。

 

つまりOJT(On the Job Training)といえるでしょう。

 

実践で学ぶという事です。

 

ライティングそのものに加え、幾つかのツールの使い方について学ぶことができました。

 

例えば、チャットワークスやGoogleスプレッドシートの使い方、ワードプレスへの投稿の仕方など。

 

仕事に関して、他のライターさんとのやり取りの内容もチャットワークスにて共有して頂いたり、こちらからも共有できるものでしたので、進めていく中で幾つか発生していた疑問点もそのやり取りをみるなかで自然と解消できることもあったりで、クライアントさんとはWin-Winの関係でした。

 

また、ライターさん間での記事となるキーワードが被らない様にするためにGoogleスプレッドシートにて、クライアントさんへ記事を提供している他ライターさんのキーワード予約状況が分かったり進捗も分かったりしました。

 

ある意味同じ記事に対して共同作業はしないものの、ただそれだけではあるのですが、同じ仲間意識が芽生えお互い苦労しながらも暗黙的に励まされるところもあったり、添削を主にされていた方にはいつも温かく厳しくも優しい言葉でフィードバックを頂いたり、とても楽しく仕事をさせていただいた感じです。

 

ライティングのルールは?

 

マニュアルがあり、それに沿った内容にするものでした。

 

例えば記事の最低文字数、タイトル文字数、基本記事構成や禁止行為などに関してルールがあります。

 

禁止事項は?
  • ネット上の記事をコピーしてそのまま使う事。

 

もちろんこれは、どこであろうとNG行為です。

 

気をつけましょう。

 

  • 根拠なく事実でないことを書いてしまうこと。

 

これもルールには規定はないですが、嘘を書く事で信用がなくなってしまいますので、絶対にNGです。

 

最も記事を書く上で大切な事は何?

 

 

読み手目線で、最後までテンポよく飽きさせず最後まで読まれる記事だと思います。

 

とくにSEO記事においてこれは必須なんですね。

 

苦悩と喜び

 

およそ週1ペースで記事を書いたんですが、記事を書いていく中で必ずといっていいほど筆が進まない時が記事ごとに何度かありました。

 

例えば、新しい記事を書き始めたキーワード選定時には、どのキーワードを選択すべきか!という苦悩ですね。

 

クライアントさんによっては、ガッチリとルールが決められているところもあるようですが私が納品していたクライアントさんでは、自分で決めたフリーテーマを選ぶか決められているキーワード選定もリストから選ぶ事ができたので大変仕事がやりやすかったのではと思います。

 

もちろんこれはほぼ無償契約内容によるものだからでもありますが。

 

但し、ブログ所有クライアントさんのペルソナにある程度沿っていないと違和感がでてしまうので、そこは気を付ける必要がありました。

 

つまり、自分の事をかなり露出して書いていくと、求められているペルソナとズレたり全く食い違ってくる事になるのです。

 

出来る限り役者であるのがいいといえますよ。

 

苦悩-1とその解決 構成要素ブレインストーミングと要素選別

 

キーワード選定後の構成要素、つまり何の内容を織り込むのかに苦悩するんですよ。

 

しかし、これは選定したキーワードのネット検索や読者ターゲットを明確にして、自分の体験などを盛り込んでいくことで大体は解決可能となります。

 

苦悩-2とその解決 筆が止まってしまう苦悩

 

毎回少なからずあるのですが、課題としてあたまの隅に置いておくと時間が解決してくれるケースが多いかもしれないです。

 

これはどちらかというと入浴時などパソコンに向かっていないときに解決するケースが多かったですね。

 

例えば、作った構成で構成の一部にフィットする適当な具体事例が思い当たらない、出てこないといった事がありました。

 

キモチいい瞬間

 

  • 苦悩からの脱却時
  • 徐々に要素から構成が完成しつつあるとき
  • ある瞬間ひらめき、書く内容があふれ出てきたとき

 

苦悩は喜びでもある

 

苦悩は喜び? むむっ、一体どういうことでしょうか?

 

私にはあるいみ苦悩は喜びでもあるのです。

 

本業ではたまに解決困難な問題が発生して、頭を悩ませることがあるのですが、悩みぬいて解決できた時は気分が最高なのです。

 

解決困難なほど燃えてくるんですよ。

 

何故かというと、仕事の実績にもなるし、貴重な経験にもなるからなんです。

 

よって私の場合はですが、苦悩は喜び、喜びは喜びなんです。

 

継続するには

 

ライターとして稼げるようになるために一番大切なことは継続してライティングをするということだと私は思うのです。

 

だから、第一には時間の確保といえるでしょう。

 

でも、だいたいの時間は細切れの時間でもいいんです!

 

構成要素は細切れで隙間時間に集めておけば、最初の構成も短時間で済ます事が可能といえます。

 

この考え方に基づくと、パソコンに向かう時間はまとまった時間でなくても、例えば30分程度の細切れの単位でも問題なといえます。

 

記事作成の手順

 

記事作成の手順としては、

  • キーワード選定リサーチキーワードの決定タイトル候補②マインドマップなどで構成要素洗い出し③構成要素選定、構成要素並び替え及びタイトル確定>④各構成要素へ肉付け⑤ワードなどで校閲及びコピペチェック

このようにプロセスごとに作成する文章を細分化すれば、つくりやすくなりますよ。

 

記事作成の所要時間のターゲットは?

 

構成要素を例えば3つとし、①-⑤の5プロセスと構成要素の3つで合計8工程各々に例えば30分割り当てとすれば合計4時間で完成となります。

 

そしてモチロン重要なのは、決めた時間に記事を作る事に集中することが大事です。

 

記事作成の時間が思った以上に掛かってしまう原因は?

 

  • 時間があったとしても、確保していないと現代は誘惑がいくらでもあるので進まない。
  • 難易度が高いと感じると筆がすすまない。
  • 且、納期ががっちり決められている場合時間がないと気持ちの余裕がなくなる。

など・・・

 

筆がすすまない時や身につける知識として参考になった書籍を紹介!

 

ライティング時の参考にするものとして、ネット検索はもちろんですが、書籍もなん十冊か参考にしました。

 

そのなかでもお薦めのものを3つだけご紹介します。

 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

分厚い本ですが、半分以上は何人かのキャラクターがでてくるストーリー形式で、重要な点も網羅されており且つ読みやすくスルスルと読み進める事ができます。

誰もがオススメする一冊といえます。

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

いかに完読される文章を作ることが重要か述べられていて、文章をラーメンに例えられていたり、文章のプラモ化など特に前半は「これはウマイ!」といった印象にのこる内容でした。

再読したい本の一冊といえます。

 

ブログに役立つWEBライティング術: 1週間で稼げる記事を作る方法を伝授 Kindle版

やさしい文章で入門者でもたいへん理解しやすく述べられている。

特に入門者にオススメ。

何度も再読しています。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

ポイント8つ挙げるとすると..

  • 直ぐに稼ぐことは容易ではない
  • 継続する事で、稼げるようにできる
  • 苦悩を喜びに
  • 役者に徹する
  • 時間の確保
  • 隙間時間の活用
  • 記事作成手順による工程細分化
  • 確保した時間に一気に書く

ライターで稼ぐには、どのような事をしていけばよいのか何かいいヒントが見つかったなら幸いです。

 

 

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら