楽天アフィリエイトの料率制度について知っておくとお得!?

目安時間 7分

 

楽天アフィリエイトでは、記事を書いて商品を紹介してリンクしてという流れで行いますが、どのような流れで報酬が出るのか理解できているでしょうか。

また、料率制度がある事を知っているでしょうか?

 

この料率制度を知っているのと知らないのとでは、差が出てくることもあります。

 

今回は、楽天アフィリエイトの料率制度について紹介します。

 

 

アフィリエイトの報酬

誰でもパソコンやスマホなどのネット環境が整っている事で、簡単に始められることのできるアフィリエイト。

 

アフィリエイトを始める時には、知っておいた方が事もあります。

 

その1つに「報酬が出るまでの流れ」と「料率」です。

 

ある程度でも理解しておくと、報酬を得るためにどのような商品をリンクしたらいいのかなどが分かるようになります。

 

 

では、楽天アフィリエイトの報酬について見ていく前に、基本的なアフィリエイトの報酬の仕組みを知っておきましょう。

 

基本的なアフィリエイトの報酬は、ブログ内にある広告をクリックして、広告の元のサイトで商品を購入したり、会員登録などをしたりするとその成果に対して報酬を支払いする仕組みです。

 

「広告主」

「アフィリエイトサイト」

「アフィリエイトサービスプロバイダー(以下ASP)」

この3者で成り立っています。

 

ASPというのは、アフィリエイトサイトと広告主の間に立って、広告配信をするためのシステム提供や成果報酬の支払い代行などを行います。

 

なので、自分が運営しているブログでアフィリエイトを行い報酬を得るのであれば、ASPに登録しなくてはいけません。

 

 

 

楽天アフィリエイトの報酬

では、楽天アフィリエイトはどのように報酬が発生するのかを理解しておきましょう。

 

自分のブログ・記事に貼ったリンクで売上が発生した場合には、アフィリエイトレポートの期間別レポートというところにどれだけの人がクリックしたのか、売上金額や成果報酬ポイントなどが記載されます。

 

そして、売上が発生した場合には翌月末に成果が確定して、翌々月10日に成果報酬としてポイントが支払われるという仕組みです

 

報酬料率は商品のジャンルごとで違い、成果報酬の発生には有効期間もあるので注意が必要です。

 

料率制度って何?

楽天市場の商品を出店したとします。

 

すると、商品が売れた場合には販売手数料などの手数料がかかります。

 

フリマなどでも物を売った時などには手数料が引かれますよね。

 

理屈は、それと同じです。

 

ただ、詳しい内容としては楽天市場に出店している店舗は、楽天市場で商品の注文が成立してから、販売手数料とは別でポイント原資として1%、アフィリエイト手数料として1%を支払っています。

 

「アフィリエイト料率」というのは、楽天市場の商品をブログ・記事で紹介すると、そのリンク経由で商品が売れた時に支払うという料率の事です。

 

つまり、分かりやすく言うとショップによって料率は違いますが、楽天市場のアフィリエイト手数料は、全店舗が1%を必ず負担する形式です。

 

なので、アフィリエイト本来の商品が売れた時に支払う手数料を、楽天全店舗が1%を支払うという事で楽天市場が負担せずに、出店者が負担するという形でアフィリエイト手数料を成果発生者に支払うという事です。

 

この料率は低い所で1%、最高で50%と違いがあります。

 

例えば、10000円の商品が売れて料率が1%だとしましょう。

10000×0.01=100円
1万円の売り上げで、100円もらえるという事です。

 

基本的な料率は1%ですが、料率ランクというものがあり、毎月の確定売り上げ合計に応じてランクが決まります。

 

ランクが上がるほど料率が上がるショップというのもあります。

 

まとめ

基本的にアフィリエイトの報酬は、ブログ内にある広告をクリックして、広告の元のサイトで商品を購入したり、会員登録などをしたりするとその成果に対して報酬を支払いする仕組みです。

 

  • 「広告主」
  • 「アフィリエイトサイト」
  • 「アフィリエイトサービスプロバイダー(以下ASP)」

この3者で成り立っています。

 

楽天アフィリエイトでは、自分のブログ・記事に貼ったリンクで売上が発生すると、どれだけの人がクリックしたのか、売上金額や成果報酬ポイントなどが記載されます。

 

売上が発生した場合には翌月末に成果が確定して、翌々月10日に成果報酬としてポイントが支払われるという仕組みになっています

 

ここで「料率」という言葉を知っておくとこれからアフィリエイトをする時に売り上げに差が出てくることがあります。

 

この「料率」というのは、ショップによって料率は違いますが、楽天市場のアフィリエイト手数料は、全店舗が1%を必ず負担する形式です。

 

なので、アフィリエイト本来の商品が売れた時に支払う手数料を、楽天全店舗が1%を支払うという事で楽天市場が負担せずに、出店者が負担するという形でアフィリエイト手数料を成果発生者に支払うという事です。

 

このように、アフィリエイトをする時には、料率を見て商品を選ぶというのも報酬を多く得るために知っておいてもいいでしょう。

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら