スプレッドシートってiPadでも使える?できることとできないこと

目安時間 9分

Microsoft社の「Excel」に代表される表計算ソフト。

 

面倒な計算や集計も、関数を入力するだけでパッとできちゃうのは便利ですよね。

 

ただ、Excelは有償ソフトなので購入やアップデートの際にお金がかかってしまいます。

 

iPadやiPhoneで、ちょっとだけ使いたいな、というときに無料のソフトがあったらいいのになと思いませんか?

 

私はずっと思っていたのですが、最近「スプレッドシート」というものを知りました。

 

というわけで、スプレッドシートはiPadで使えるのか?ということについて調べてみました。

 

スプレッドシートって、何?

 

まず、「スプレッドシート」とは何かを簡単に説明したいと思います。

 

このスプレッドシートの正式名称は「Googleスプレッドシート」。

 

簡単に言うと、Google社の提供する無料の表計算ソフトです。

 

Excelとは何が違うのか?と思いますよね。

 

スプレッドシートは使用するのにGoogleアカウントを取得する必要がありますが、Googleアカウントさえあれば、無料で使うことができます

 

操作方法も、Excelを使ったことがある人であれば問題なく使えます。

 

Excelとの違いは、他のデバイスやユーザーとファイルの共有や編集ができるところです。

 

パソコンで編集していたデータをGoogleドライブを利用して出先でiPadから開き、編集することもできます。

 

逆に、iPadで入力したデータをパソコンで確認することもできるのです。

 

ちょっとした数字の変更や追加が、気がついた時にすぐ編集できるのはスプレッドシートならではの機能だと思います。

 

スプレッドシートは変更した内容を自動で保存してくれるため、万が一パソコンやiPadがフリーズしてしまった!という時もデータの復元が可能です。

 

また、Excelに変換することもできるので、提出先がExcelを指定してきた場合でも対応することができます。

 

これだけの機能が無料で使えるのはすごいですよね。

 

これを知るまでは、なんでもっと早く知らなかったんだと思いました。

 

 

iPadでできること

 

パソコンと同じ環境で使うことができるので、パソコンでできることはほとんでできると言っていいでしょう。

 

Googleドライブでデバイス間のデータの共有が可能なため、インターネット環境さえあればその場で更新されたデータを確認することもできます。

 

iPaddスプレッドシートへデータ入力をし、パソコンでExcelに変換して利用するという使い方もできます。

 

思いついた時に入力できてデータの共有も簡単にできるのは魅力ですね。

 

何より、 出先でデータの編集をしたい時に、  iPadで使えるのはとても便利ですよね。

 

パソコンを持っていくとなると荷物も増えるし重たいし、電源などの心配もしないといけない…。

 

iPadであればパソコンより断然軽く、キーボードを入れてもそんなに嵩張りません。

 

私は普段から荷物が多いのでパソコンを持ち歩くとなると、かなりの大荷物になってしまいます。

 

でもiPadならそんなに荷物が増えることもなく、外の作業にもってこいですよね。

 

ちょっとした隙間時間も有効に使うことができます。

 

iPadでできないこと

 

スプレッドシートはiPadでも問題なく使えるということが分かったと思います。

 

ではiPadではどういうことができないのか、気になりますよね。

 

いくつかありましたが、簡単に並べてみます。

 

・iPadの場合、複数のシートを並列で見られない

 

 これはスプレッドシートに限りませんが、データを並べて見たい人には少し不便かも知れませんね

 

・シートの全てを確認するのが難しい

 

 これはiPadとパソコンのサイズが違うからこそ起こる問題ですね。

 

 逆にこれが気になる人はiPadでスプレッドシートを使うのに向いてないと思います。

 

 私は基本的にはiPadで使用していますが、今のところ画面のサイズによる不便は感じていません。

 

・セル内の改行ができない

 

 キーボードによっては、コマンド入力で改行することができるようです。

 

 私のキーボードでも試してみたのですが、うまくいきませんでした。

 

 残念。

 

 個人的には、データを入力して管理するだけであれば、この機能が使えなくても問題はないかな、と思います。

 

・Excelに比べると関数の計算の処理スピードが遅い

 

 表計算はやっぱりExcelの方が強いようです。

 

 どうしても表計算ソフトとして使用したい人は、利用方法の一つとして考えておくといいですね。

 

 

独自関数で使いこなそう

 

Excelでは、関数を入力することで簡単に必要な数値を弾き出すことができますよね。

 

スプレッドシートでも同じように関数を使うことができますが、Excelにはない関数もあります

 

今回はその中でもいくつか便利なものをご紹介します。

 

・IMAGE:Web上の画像を表示

 

・IMPORTRANGE:別のスプレッドシートから値を参照

 

・ARRAYFORMULA:複数セルへ関数を一気に反映

 

・UNIQUE:参照範囲をリアルタイムで重複削除

 

・SORT:選択範囲をリアルタイムで並べ替え

 

・GOOGLETRANSLATE:テキストをGoogle翻訳

 

記載していない関数もまだあるので、気になった方は調べてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

今回は、スプレッドシートの iPadでの使用について調べてみました。

 

普段なかなかパソコンを開けない、という方や気軽に表計算ソフトを使いたい、という方にはとてもおすすめです。

 

私自身も、iPadで大抵のことができてしまうため、パソコンを開くのが面倒ということもあり必要な時にしか使いません。

 

スプレッドシートをiPadで使うことはメリットばかりだったので、私もどんどん使っていきたいと思います。

 

今まで使ったことがなかった方も、ぜひやってみてください。

 

 

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

Twitter開始3カ月で

フォロワー5000人達成!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

最近の投稿
カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら