ハイカカオチョコレートが流行してる理由!6つの効果と食べるタイミングは?

目安時間 9分

最近、流行りのハイカカオチョコレート。

 

スーパーやコンビニでもカカオ○%と記載された商品がたくさん並んでいますよね。

 

身体に良いとさせていることはなんとなく皆さん知っていると思います。

 

ですが、「カカオの何がよくて、身体にどんな働きをしてくれるのか?」を知っている人は少ない気がします。

 

そこで、ここではカカオが身体にどんな影響を与えてくれるのか?

いつ食べれば効果的なのか?についてお話しします。

 

ハイカカオチョコレート(高カカオチョコレート)とは?

ハイカカオチョコレートの明確な定義はさせていませんが、一般的にはだいたい70%以上くらいのものを指すことが多いようです。

 

カカオ分70%以上のほとんどの商品のパッケージには「高カカオ」と書かれています。

 

また、カカオ「○○%」とも記載されていますが、同じカカオ分でも微妙に味の変化を感じたことはありませんか?

カカオ分って何?

チョコレートは、主にカカオマス、カカオバター、砂糖、乳成分、乳化剤、香料を原材料として作られています。

 

この中でカカオとは、カカオマスやココアバターのことを示しています。

 

カカオマスとは、チョコレートの風味を決定するもの。

 

カカオバターとは、チョコレートの滑らかさを決定するの。

 

このカカオマスとカカオバターの割合が違うことで味が微妙に変わってきます。

 

色々と食べ比べてみると面白いかもしれません。

カカオポリフェノールの効果について

カカオ分について知ってもらったところで、次はカカオに含まれる成分「カカオポリフェノール」が有名だと思うのでカカオポリフェノールの効果についてお伝えしていきます。

 

ポリフェノール効果①血圧を下げる

欠陥を広げて血圧を下げてくれる働きがある。

 

ポリフェノール効果②動脈硬化予防

動脈硬化の原因となるコレステロールの酸化を抑制する働きがある。

 

ポリフェノール効果③美肌効果

カカオポリフェノールには、抗酸化作用があり体内の活性酸素を除去し老化を抑制する働きがある。

更には、紫外線による肌のダメージを修復する作用も期待できる。

 

ポリフェノール効果④アレルギーの改善

アレルギーの発症させる原因の活性酸素を抑制する働きがある。

 

ポリフェノール効果⑤脳の活性化

カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高める働きがある。

 

このようにポリフェノールには、健康にとてもよい効果があります。

 

生活習慣病の一部である高血圧や動脈硬化にも効果があるので、症状がある方は試してみるのもいいかもしれません。

 

また、女性には嬉しい美肌効果もありますので、普段甘いチョコレートを食べている人はハイカカオチョコレートにきりかえてみてはいかかでしょうか?

カカオプロテインの効果について

カカオに入っている成分の1つにカカオプロテインがあります。

 

カカオポリフェノールが全面に出てしまっているので、聞き覚えのない方も多いと思います。

 

しかし、このカカオプロテインにも「便秘改善」とうい素敵な効果があります。

 

カカオプロテインについてもう少し詳しくみていきたいと思います。

 

一般的に知られている便通改善の方法は、腸内細菌の作用によって腸の動くという仕組みでした。

 

しかしカカオプロテインの一部には、難消化性の性質があることが発見されました。

 

消化されにくいたんぱく質が、食べた後に小腸では消化されず、そのまま大腸にたどり着き来ます。そして、大腸に到着したカカオプロテインは便のもとになり、便のかさを増すことができます。一方で腸内細菌のえさとなって、整腸作用が期待できます。

 

この仕組みによって便秘が改善させるということです。

 

ハイカカオチョコレートの摂取量は?

一般的にハイカカオチョコレートの1日の摂取量の目安は25gとされています

 

25gとされている理由はポリフェノールの理想的な摂取量が1日あたり1500mgであることに起因するからです。

 

ハイカカオチョコレートの持続性

皆さんはカカオポリフェノールがどのぐらい体内に留まることができるのかしっていますか?

カカオポリフェノールはハイカカオチョコレートを食べてから約2時間で血中濃度のピークを迎えます

 

その後は、体内を巡って少しづつ体外へ出ていってしまいます。

 

という事は、1日1回だけ食べてもカカオポリフェノールの効果は持続されないので、1日複数回に分けて食べることが望ましいですよね。

 

カカオチョコレートを食べるタイミングは?

1日に複数回食べれば良いとわかりましたが、じゃあどのタイミングで食べるとより効果的なのか気になりますよね?

基本的には少しずつ時間を空けて食べればいつでも大丈夫ですが、指定するなら「食前」と「午後3時前後」がおすすめです。

 

カカオポリフェノールには空腹感を抑える働きがあるので、食前に食べると食欲が下がり食べ過ぎを防止してくれます。

 

また、血糖値は食後2時間程で低下するのでお昼を食べ終わった15時前後に小腹が空いてきます。

 

この時間帯は、一般的に一番体温が高い時間帯なので、糖質や脂質などをとっても脂肪をため込みにくい太りにくい時間と言えます。

 

おやつの時間ってとても理にかなっていますね。

 

まとめ

ハイカカオチョコレートの効果
  • 血圧を下げる

  • 動脈硬化予防

  • 美肌効果

  • アレルギー改善

  • 脳の活性化

  • 便秘改善
  • 食べるタイミングは「食前」「15時前後」!!

     

    ハイカカオチョコレートが幅広く身体に効果的ということがわかりました。

     

    市販されているハイカカオチョコレートは70%、80%、90%と3段階になっているものが多いですが、初心者には70%をおすすめします。

     

    80%以上になるとカカオが強くなるので苦みが強くでます。

     

    健康維持やダイエットの一環としてハイカカオチョコレートを日常にとりいれてみましょう。

     

    超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

    会社員で、時間が全然取れなくて
    いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
    ゆうたくと申します。

     

    で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
    簡単に自己紹介をさせて頂きます。

     

    愛知県名古屋市生まれ・育ちの
    ブラック企業勤めの会社員です。
    時間がなくて、超ハードです。

     

    たいした才能も特技もない
    面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
    時間がないが口癖のわたしが副収入を
    手に入れることができました。

     

    正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

     

    面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

    ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

     

     

    激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

    時間のとれないサラリーマンのわたしでも

    たったの3か月で実践できた

    副業収入の作り方はこちら

    ↓↓↓↓↓↓

    コメントフォーム

    名前 

     

    メールアドレス 

     

    URL (空白でもOKです)

     

    コメント

    トラックバックURL: 
    プロフィール

    失敗ばかりの人生だったけど

    その失敗談を惜しみなく発信します

    ブ○ック企業の営業職。

    国内海外各地へ出張多数

    Twitter開始3カ月で

    フォロワー5000人達成!

    外注さん100人以上雇ってます。

    kindle出しました。

    詳しいプロフィール


    <人気ブログランキング>
    応援よろしくお願いします

    最近の投稿
    カテゴリー
    ツイッターはこちら
    スマホぴっくはこちら