コロナ禍での転職活動のポイントとは!?不況の中で求人はあるの!?

目安時間 9分

新型コロナウイルスの流行により、日本のみならず世界各国の経済状況は過去に類を見ないほどに悪化しております。

そんな中、自分のキャリアや会社への不安から転職を考える人も少なくはありません。

しかしながら、この不況の中で求人募集はあるのか気になるところですよね?

今回は転職のプロであるエージェントの人に詳しい話が聞けたので、コロナ禍による転職活動のポイントをお伝えしていきます。

転職を考えたきっかけ

皆さんは、転職を考えたことがありますか?

 

今の時代、転職を考えたことがない人の方が珍しいのではないでしょうか。

 

私も、若い時は学生時代の友人の話を聞いて楽しそうだなとか、こんなに給料が違うのかと羨ましいと思うことはありました。

 

まさに「隣の芝生は青い」ってやつですね。笑

 

そんな私ですが今では、家族もできてしばらくは社畜として頑張ってきたのですが、新型コロナウイルスの流行による外出自粛期間中に、仕事や人生について考えたんですよ。

 

毎日、会社の歯車のように働いていた時は気にならなかったのに、いざ立ち止まって冷静に考えたときに、この仕事を10年後も20年後も続けて自分の人生は充実していたと言えるのか?と急に不安になってきたんです。

 

しかし、コロナ渦による不況の中での転職活動は、はたしてタイミングとしてどうなのか非常に気になるところでした。

 

まずは、転職市場を知るためにもその道のプロであるエージェントの人とオンラインで面談をすることにしました。

コロナ禍の転職市場とは⁉︎

新型コロナウイルスの影響により経済活動の一部がストップしたため、多くの企業の今後が危ぶまれており、転職市場にも大きな影響が出ているそうです。

 

私もそうだっだのですが、「新型コロナウイルスの影響で、今はほとんど求人がないだろう」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

エージェントの人によると、募集を停止したり延期したりする企業は出てきているものの、以前と変わらず求人を出している企業も意外と多く存在します。

 

とはいえ、新型コロナウイルス収束の見通しが立たない今、転職市場への影響は未知数のため、今すぐの転職は難しい状況だとしても、今後に備えてこまめに情報収集をしておくことが必要です。

 

つまりは、今までよりも少なくなってはいるが求人がゼロになっているわけではないし、どれだけ待てば経済の回復するかは転職のプロでも未知数のため、いつでも動けるように準備をしておくことが大切!!

コロナ禍での転職活動のポイント

コロナ禍での転職市場はわかりましたが、実際に行動に移す時のポイントも整理していきましょう。

ポイント1 転職エージェントを利用する

利用すると言うと聞こえが悪いかもしれませんが、コロナ禍に限らず昨今の転職活動では、転職エージェントに登録してサポートを受けるのは当たり前と言っても良いでしょう。

 

転職エージェントを通して求人を出している企業であれば、エージェントにお金を支払うだけの採用予算を組んでいるので、中長期的な戦略のもと採用を行なっていると判断できます。

 

また、転職エージェントだと履歴書や職務経歴書の添削や面接トレーニングなども行ってくれるため、的確に自分をアピールする方法を学ぶことができるのもメリットです。

ポイント2 職務経歴書を見直す

新型コロナウイルス感染症の影響で、採用ステップに変化が出てきているそうです。

 

傾向として、オンライン面接が主流になり面接の回数が減っています。

 

つまりは面接回数が減る分、書類審査の時点でスペックがマッチしているかどうかが、今までより厳しい目で選考されます。

 

職務経歴書の時点で自分を明確にプロモーション出来るかがキーになってくるんですね。

 

社内でしか通用しない用語や略称などを連ねた、知らない人に伝わりにくい職務経歴書では見限られてしまう可能性が高くなります。

 

完成したものを、転職エージェントなど第3者に確認してもらい誰にでもわかりやすい自分だけの職務経歴書を作り上げましょう。

ポイント3 30代以上は同業種か同業界が安全

求人数が減少傾向の中、求められる人材はやはり即戦力です。

 

30代以上の方にとって、未経験の業界や業種への応募は狭き門なのです。

 

また、採用されたとしても年収が下がるケースも珍しくありません。

 

年収アップや好条件を狙う30代以上の方は、同業種か同業界がコロナ禍では安全のようですね。

ポイント4 変化に柔軟な企業を選ぶ

転職を成功させるには、業種だけでなく、企業をしっかりと選ぶことも重要です。

 

コロナ禍の今、転職しても良い企業を見極めるには「変化への対応」なんですね。

 

例えば、コロナ禍でスムーズにリモートワークに移行できている企業ならば、コロナ前から働きかた改革も含めた時代の変化に対応できていると判断できます。

 

変化に柔軟かどうかは、企業への入り口でもある採用時の対応に現れます。

 

・オンライン面接を実施しているか

・在宅勤務が何割か

・社内のITインフラやオフィスの在り方

 

上記のように入社しなくてもわかることはあります。

ポイント5 自分自身も柔軟になる

企業だけでなく、転職する側にも柔軟性や変化への対応力が求められています。

 

働く側も、「この職種じゃないと嫌だ」「今以上のポジションでないとダメ」などのこだわりを捨てたほうがうまいくいくでしょう。

 

例えば、ベンチャー企業など一時的には年収が下がっても、将来性のある企業を選んだり、先のキャリアを見据えて有益な経験がつめそうな企業を選ぶといった戦略的転職もありです。

私が実行している転職活動とは⁉︎

5つのコロナ禍での転職活動のポイントを踏まえて私が行っていることをご紹介します。

 

結論を言うと現在はどこか他社へのリサーチを行い、積極的に書類を送るとかはしていないです。

 

重視しているのは、今までの自分の培ってきた経験などの整理「キャリアの棚卸し」を行い、未来のなりたい自分とのギャップを埋める時間にしております。

 

今までは会社に毎日通い、もし退職となればまた別の会社を探すしかないと思っていましたが、転職活動により様々な働き方があることも見えてきました。

 

今このブログの記事を書いている瞬間も、未来のなりたい自分に近づくための転職活動ともいえるのです。

今回のまとめ

今回は、コロナ禍の転職活動のポイントについてお伝えさせていただきました。

 

多くの人は、人生の半分以上を仕事に費やすと思うんですね。

 

つまり

働くこと=生きること

 

仕事が充実すれば、人生もきっと豊かなものになるはずです。

 

そのために、転職は人生をより充実させるための行動なのでこの記事を読んでいただいた人が、より良い人生になることを祈っております。

 

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

Twitter開始3カ月で

フォロワー5000人達成!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

最近の投稿
カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら