営業マン必見!仕事において承認欲求の強過ぎは危険!?原因と対策

目安時間 9分
プロフィール:毎日朝7時に自宅を出て21時に帰宅する、ブラック企業の営業職!時間がない!!が口癖だったが、唯一の救いはスマホを持っていたこと。スマホを使って副業を開始して1年でたったころには年間50万を稼ぎ出した。

現在も、独自で外注化戦略を覚え、常に外注スタッフを100名以上管理しながら、自分で書かないkindle書籍の出版方法を確立。現役でブラック企業で働きながら、スマホを使っての外注管理・SNS戦略・Youtubuを駆使して展開中。移動の多い営業職なら、時間の使い方さえ覚えてしまえば、スキマ時間だけで情報発信を可能にできます。

時間がない口癖の私が行っている唯一の方法、外部パートナーと連携した仕組化、ゼロに近いぐらい時間がなくても副収入化を可能にした。超忙しい営業職の会社員が実績を作るために行った100人戦略の秘密と行動力の作り方「人生が変わる行動力」を出版中(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをメルマガ講座にて配信中

仕事において

 

「他より人一倍頑張って成果を出したい」

「とにかく負けたくない」

 

という感情になることありませんか?

私は昔、この承認欲求の塊のような生き方をしていました。

 

もちろん仕事をする上でモチベーションが高いことは大切です。

しかし、この「認められたいという気持ちが高ければ高いほど」

 

実はこれ、かなり危険なのです。

今回は実体験を交えながら、その危険性の原因と対策に

ついてお話いたします。

 

 

承認欲求という4代目の欲求

 

まず、承認欲求という言葉について

ざっくりとお話いたします。

 

「他社から認められたい」

「自分を存在価値のあるものとして認めたい」という欲求。

 

尊敬を得たり自尊の欲求とも言われます。

 

人間に必ず三代欲求というものがあると言われていますが

そこに並ぶ欲求感情がこの承認欲求ともいえます。

 

この承認欲求は年齢や性別によっても変わりますが

今回は働く営業サラリーマンを例にしてに

承認欲求が及ぼす影響をお伝えします。

 

 

承認欲求が仕事に及ぼす影響

 

もうすでにお分かりの方もいるかと思いますが

認められたいという気持ちの高まりです。

 

 

誰もが最初は初心者で始まり、

だんだんと仕事に慣れてくると

 

今度はスキルを磨きたいという感情が湧いて

来ますよね?

 

それを今度は「頑張りや成果を認められたい」という感情となります。

 

 

これ自体は全く悪いことではありませんが

一歩間違えると危険な沼にハマってしまいます。

 

 

他人との比較意識が強くなり過ぎてしまう

 

自分が認められたい時って最初に何を考えますか?

 

本来であれば、自分がどれだけその仕事に必要なスキルや

経験を得て、それを生かす事ですよね?

 

大前提なのは「自分自身の頑張り」です。

 

ですが、

 

他人とのスタート地点や経験の差を比較してしまう人が

非常に多く、ネガティブ意識で動こうとしてしまいます。

 

この「他人と自分を比較した承認欲求」非常に危険なのです!!

 

例えば営業職、私自身も営業マンなので

よく感じることなのですが

 

「あいつなんかに負けない」

「自分はこんなに頑張っているのに成果がでない」

「なんであんな人がどんどん仕事をとっているんだ…」

 

こう言った負の感情で競争意識を持つ人が本当に多いです。

何を隠そう私も昔はそんな人間のひとりでした。

 

 

なんであんな奴なんかに…

俺の方がもっと…なんてことを考えながら

ギャンブルにお金をジャンジャン使っていた時期もあります…(苦笑)

 

 

そんな人間でもあるものを捨てたら変わった

 

ある出来事がきっかけで、私にはこの意識が

歪みきっているという気づきを得ました。

 

それが承認欲求です。

 

 

ギャンブルに明け暮れ飲み歩いていた

日々の中で、一つの言葉がきっかけでした。

 

行きつけの飲み屋でいつものように

飲んでいた時に、なんとなく知人に仕事のぼやきを

したんだと思います。

 

それを見兼ねた知人から

「そういう生き方しんどくない?人を見下して自分自身も下がっちゃう生き方」

 

最初は「何だとこの!」という気持ちもありましたが

よく考えると本当にその通りでした。

 

比較以前に周りを見下していたのは自分だった

 

先ほどの営業成績の話に戻ります。

 

 

「自分はこんなに頑張っているのに成果がでない」

「なんであんな人がどんどん仕事をとっているんだ…」

 

もっと遡りましょう

 

「あいつなんかに負けない」

 

こういうスタンスが無意識のうちに

心のそこから相手を見下す原因となって

 

承認欲求がどんどんネガティブな方向に向いてしまいます。

 

少しでも、

何故自分に結果が出ないのか?

では、これまで見下していた相手の方が成果を出せるのか。

 

私自身、その原因や対策を一度立ち止まって

考えたことがなかったのです。

 

 

頑張りは成果とは結びつかない

 

何度もお伝えしていますが

成果を出す、認められる為には

 

「自分自身の頑張り」が必要です。

 

しかし、頑張りが成果に結びつかない場合があります。

それは「頑張り方を間違えている可能性」があるからです。

 

例えば営業活動をするとき

 

「ただ闇雲に数うちゃ当たる」のスタンスでガンガン飛び込みに向かう人や

何も考えずに言われた事だけを意識して営業をかける事。

 

これらでは成果を得ることが難しいですよね。

これだけやっていて「頑張っている」と言われても

 

周りから理解は得られません。

 

頑張って成果を出す人は

 

営業をかける前に営業先のことをしっかりとリサーチして

どのようなニーズを求めているのか、それが自社のプレゼンする

商品によって解決出来るのかということを前提に訪問先を絞りあげます。

 

この上で、成果を出す。

もうこれで一目瞭然ですよね。

 

後者の営業マンは

頑張った上で成果を出した例です。

 

他人との比較ではなく知る努力を!

頑張ることはとても大切ですが、

自分の頑張り方を間違えていないか

 

今一度立ち止まって見つめ直して見るのも

良いかも知れません。

 

頑張りは人それぞれで何が正解かというものでは

ありません。もしも自分が頑張り方を

間違えているなと感じた場合。

 

身の回りの成功した人、成果を出した人の

分析をしたり話を聞いたりしてみましょう。

 

この時点でもうあなたは成長の一歩を歩んでいます!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は営業サラリーマンを例にしましたが

これは職種に関係なく、仕事や勉強をする上で

必ず理解しておきたい事です。

 

1、承認欲求を履き違えない

2、他人との比較では成長できない

3、頑張り方を間違えていないか都度自分を見直す

 

これらを理解し、仕事をすれば

成果や成長速度がぐんと上がりますので

 

是非、今日から試してみてください!

 

超ブラック企業リーマンの副業10万円物語!

激務リーマンのゆうたくと申します。

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のブラック企業勤めの激務リーマン僕が、スキマ時間を使って10万以上以上稼ぐことに成功しました!

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

スキマ時間でも10万稼ぐのなんて方法を

知ってるか知らないかだけの単純なことだよ?

 

10万円物語ってなんのことだ?

 

人生変わるべ??

 

行動の最初の1歩踏み出しましょうや!

ブラック企業勤めの激務サラリーマンのわたしが

たったの3か月で実践できた

10万円の作り方が知りたきゃココ!

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら