スプレッドシートとフォームを連携させて集計を楽にしよう!!

目安時間 10分
プロフィール:毎日朝7時に自宅を出て21時に帰宅する、ブラック企業の営業職!時間がない!!が口癖だったが、唯一の救いはスマホを持っていたこと。スマホを使って副業を開始して1年でたったころには年間50万を稼ぎ出した。

現在も、独自で外注化戦略を覚え、常に外注スタッフを100名以上管理しながら、自分で書かないkindle書籍の出版方法を確立。現役でブラック企業で働きながら、スマホを使っての外注管理・SNS戦略・Youtubuを駆使して展開中。移動の多い営業職なら、時間の使い方さえ覚えてしまえば、スキマ時間だけで情報発信を可能にできます。

時間がない口癖の私が行っている唯一の方法、外部パートナーと連携した仕組化、ゼロに近いぐらい時間がなくても副収入化を可能にした。超忙しい営業職の会社員が実績を作るために行った100人戦略の秘密と行動力の作り方「人生が変わる行動力」を出版中(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをメルマガ講座にて配信中

お客様向けのサービスで、こんな悩みありませんか?

  • 自社ページをみた感想のアンケートをつくって、より良いものにしていきたい
  • メールで送られてくる返答は見るけど、その後の集計はめんどくさい
  • 結果を分析して今後に役に立てたい

こんな悩みを解決すべく、Googleが提供するフォームを使用している方も多いと思います。

だけど機能がちょっと物足りない……。

 

そういった方に耳寄りな情報です。

 

同じGoogleが提供するスプレッドシートと連携することができちゃうって知っていましたか?

 

連携するとより便利に!一歩進んだ使い方が出来るようになっちゃいます!

フォームとは?

Googleが無料で提供しているサービスの1つです。

 

レジャーの計画、イベント参加者の管理、ミニ投票、会報用のメールアドレスの収集、小テストの作成など、さまざまな用途に活用できます。

出典:Google

 

一言でいうと、投票やアンケート、問合せページなんかをサクッと作れるサービスですね。

 

パソコンやスマートフォンなんかにも対応しているので、場所や環境にとらわれずにつかえます。

 

それに、回答をオートマチックに集計・分析したり、リアルタイムにグラフ化してチェックする、なんてことも出来ます。

スプレッドシートと連携すると?

単体でつかっても十分すぎるくらいなんですが、スプレッドシートを連携することで使い勝手があがります

 

みなさんよく知っていると思いますが、スプレッドシートはグラフをつくったり色々なデータを集計出来る表計算アプリケーションですね。

 

では、連携するとどんな事が出来るようになるのか、メリットとデメリット両方の面でお伝えします。

メリット

集計した回答を解析、分析することが容易

フォーム上でも自動でグラフをつくってくれるので分析は可能ですが、連携してつかうとことで設問は一切変えずにより詳しい分析が出来ます

 

例えば、性別と年代を組み合わせて分析したいことってあると思います。

 

そのときは男女x年代別の数だけ選択肢を用意すれば良いんですが、選択肢の多いアンケートって答える方もちょっと嫌ですよね^^;

 

これをスプレッドシート側で処理するようにすれば、選択肢としては性別と年代を用意するだけ

かな〜りシンプルに出来ます。

 

しかも、整形された状態で出力するので、ちょっと手を加えるだけで楽に可視化出来るんです!

 

関数をつかって特定のものだけを抜き出したり、マクロをつかってもっと難しいこともやろうと思えば出来ちゃいます。

リアルタイムに反映してくれるので、回答のコピペが不要

メールなどで回答をもらうと、そこから分析するために他のサービスに回答をコピペしますよね?

 

この作業、予め連携しておくと回答があった時にスプレッドシート側にも勝手に反映されるのです。

 

コピペ自体は単純なんですが、塵も積もれば山となる。この一手間がなくなるのが意外と大きいです。

 

単純な作業を繰り返していると頭がボーッとしてきてしまい、コピーしたつもりが出来ていなかった、逆に同じものを何回もコピーしていた等、私はしょっちゅうやらかします(汗)

 

こういうミスは作業している時は気がつかなくて、もうすぐ終わる!となったときに発見してしまうもの、、、心折れますよね(T_T)

 

自動で反映してくれとこういったミスもなくなるので、精神衛生上とても良いです♪

デメリット

セキュリティは要注意

どちらもGoogleドライブに作られるので、設定一つで簡単に公開出来てしまいます。

 

そのため、住所や電話番号といった個人情報を集めていた場合、誤って公開してしまうリスクがあります。

 

便利なものですが、一歩間違えると危険だということを頭に入れておき、十分注意して使いましょう。

 

私も個人情報を含んだものではなかったのですが、公開しているつもりのないものが公開設定になっていた、なんてことがありました。

 

設定をよーくよーく確認して、間違っていないかどうか念入りに確認することをオススメします。

 

しつこいようですが、ここだけは本当に口を酸っぱくお伝えしておきたいです。

どうやって連携させるの?

ここまでで連携させた場合のメリット・デメリットをご紹介しましたが、どうやって連携させるのか、手順をご紹介したいと思います。

 

*ここではフォーム自体の作り方は記載しません。

*今回は「受講者アンケート」のテンプレートをつかっていきます。

 

 

作成したフォームに表示されている回答を選びます。

 

右側に緑色のアイコンが表示されているので、これをクリックです。

 

すると連携するスプレッドシートを選ぶ画面が表示されるので、新しく作成しても良いですし、もう作成してあるものを選んでも良いです。

 

フォームと1対1で作成したほうがわかりやすいので、基本的に新しく作成するで良いと思います。

 

ここでも新しいスプレッドシートにしたいと思いますので、このまま作成を選びます。

 

 

すると、フォームと連携したスプレッドシートが出来上がります。

 

1行目を見てみるとA列にタイムスタンプが追加さている以外は、同じ項目が自動で記載されていることがわかりますね。

 

 

これだけで準備OK。

 

あとは、この状態で回答を待つだけです。

 

 

回答が入力されると、フォームではこんな感じにみえます。

 

このとき、先ほど連携したスプレッドシートを見てみると、、、

 

 

なんか入力されている!あ、フォームで見た回答と同じだ!!

 

…これ、スプレッドシート側は何も触ってないんですよ!

 

それなのに、回答がリアルタイムに反映されてますよね!

 

特に難しいこともなく、無事に連携出来ました。

 

ここまでやってくれたのであれば、あとは煮るなり焼くなり、自分が詳しく分析したい内容にフォーカスして作業するのみです!

フォームと連携させて一歩進んだ分析にトライ

まとめ

  • フォームと連携し、より詳細な分析が可能に
  • リアルタイムに反映するので、データを移す手間が無い
  • Googleアカウントさえ持っていれば、誰でも使える

 

同じGoogleが提供しているということで、シームレスな連携が実現されていましたね。

 

フォームだけ使った時には手の届かなかったことが、スプレッドシートと連携するだけで可能になるなんてことも。

 

逆にこれまでフォームを使ったことがなかった人も、こんな使い方が出来るんだ!とこれを機に活用するのも面白いと思います。

 

飲み会の出欠確認に使ってみたり、本格的に使い込んで分析してみたり。1+1が3にも4にもなる可能性を秘めていますよ。

 

普段の仕事においてはMicrosoftのExcelをよく使うんですけど、こういった他のアプリケーションとの連携はスプレッドシートの方が優っているとよく感じます。

 

でも、セキュリティの設定だけは十分に気をつけてつかって下さいね。

 

超ブラック企業リーマンの副業10万円物語!

激務リーマンのゆうたくと申します。

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のブラック企業勤めの激務リーマン僕が、スキマ時間を使って10万以上以上稼ぐことに成功しました!

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

スキマ時間でも10万稼ぐのなんて方法を

知ってるか知らないかだけの単純なことだよ?

 

10万円物語ってなんのことだ?

 

人生変わるべ??

 

行動の最初の1歩踏み出しましょうや!

ブラック企業勤めの激務サラリーマンのわたしが

たったの3か月で実践できた

10万円の作り方が知りたきゃココ!

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら