返報性の法則は超強力!お返しをしたくなる理由とは?

目安時間 9分

誰でも一度は友人や家族から誕生日プレゼントをもらった事がありますよね?

 

「うわ!めっちゃ嬉しい!」と舞い上がっていても、「貰ったお返しをしないとだよなー」といった気持ちになりませんか?

 

実はこれ、人間のある行動原理の一つなんです。

 

この行動原理は、ビジネスに応用されることもあります。

 

いったいどんな法則なのか、ビジネスではどのように使われるかを詳しく説明していきますね。

お返しをしたくなる気持ちの正体

早速ですが、この人間の行動原理の正体は「返報性の法則」と言うモノです。

 

この返報性の法則により、人は与えられれば与えられるほど、お返しをしなきゃという義務感にかられ、お返しをしないと気持ちが悪くなってしまうんです。

 

これはモノでも気持ちでも同じです。

 

モノの例で言えば、誕生日プレゼント、お歳暮、年賀状などがあります。

 

貰うだけでは気持ちが悪く、お返しをしなければと思い、相手の誕生日を確認したり、相手の住所を聞いたりした経験をした方は多くいるでしょう。

 

気持ちで言えば、相手に助けてもらえた時や感謝の気持ちが生まれた時などに、多く働きます。

 

例えば、溜まりに溜まった仕事を同僚に手伝ってもらったとします。

 

「いやー、今日は助かったよ!何かあれば今度は手伝うからな!」といった会話も生まれますよね。

 

その結果、後日その同僚が大量の仕事を抱えていると知ったら、この前のお礼もあるし手伝ってあげなきゃという気持ちになりますよね。

 

トイレ休憩をしようと立ち寄ったコンビニで、「トイレだけ借りるのは申し訳ないし、仕方ないから何か買うか……」と必要ない飲み物やお菓子を買ってしまった経験はありませんか?

 

これも返報性の法則が働いているんです。

 

また、自分が望まないお節介をされたときにも、働いてしまう事があります。

 

例えば、今は減ってきているかもしれませんが、新聞の勧誘があります。

 

昔はよく、洗剤やプロ野球の観戦チケットを差し上げるので、契約をしてください!とセールスにくることがありました。

 

「新聞なんていらないけど、洗剤をもらってしまったし契約しないと……。」と渋々契約してしまった方もいると思います。

 

このように返報性の法則には強力な力があり、自分が望まない場合でも働いてしまう事があるのです。

ビジネスでの返報性の利用

強力な力を持つ返報性の法則ですが、ビジネスでもよく使われているんです。

 

代表的な例で言うと、スーパーの試食があります。

 

無料で商品の味見をさせてくれるため、「ラッキー!」とついつい味見しますよね。

 

味見をした時点で、あなたがどう思うのか大体は予想がついちゃいます。

 

「買い物に来たのにタダで食べせてもらちゃった。一つ買わなきゃ申し訳ないな……。」多くの方はこう考えませんか?

 

他にも、化粧品の試供品や洋服屋さんでの試着などもあります。

 

もちろん、どれも商品の良さを感じてもらいたいという目的もありますが、お客様に「買わなければ申し訳ない」といった気持ちにさせる戦略でもあるのです。

 

「なんだよ!まんまとやられてたなー!」などと思ってしまう気持ちもわかります。(笑

 

ビジネスで、返報性の法則を上手く利用するコツは、まずは与えることです。

 

試食、試供品の提供、無料サンプルの提供などの、無料オファーを提供することで、返報性の法則は働きます。

 

まずは、無料オファーを活用し集客をして、商品・サービスを売る流れを作る事が大切です。

 

注意点が一つあります。

 

それは、返報性の法則を利用して「絶対に相手に売ってやる!」という気持ちにならない事です!

 

そのような気持ちには、お客様はとても敏感であり、すぐに見抜かれてしまいます。

 

そうなれば、あなたの商品・サービスは確実に売れることはないでしょう!

 

お客様が、悩んでいることや不安に思っていることを察知し、悩みや不安を打ち消すために与える!

 

この気持ちが、あなたのビジネスを成功させる一つの方法になります。

人間関係での返報性の利用

人間関係でも、返報性の法則を利用する事ができます。

 

このような経験はありませんか?

 

普段から仕事の成果や努力を認めてくれる上司や同僚とは、いい関係性が築けている。

 

これも返報性の法則の働きによるモノです。

 

このように、人は好意を与えられれば悪い気はしませんし、同じように好意を返したくなるのです。

 

しかし、人間関係での返報性の法則は、「返したくなる」ではなく、「返さなければならない」という意識を持つことが非常に重要です。

 

例えば、あなたが会社で同僚の仕事を手伝ってあげて、お礼の一言もなかったらどうでしょう?

 

「お礼もないのかよ!もう二度と手助けなんてしない!」などと思ってしまいますよね。

 

・与えられた好意を「返したくなった」けど何も返さなかった。

 

・与えられた好意に、「返さなければならない」と思いお礼を述べた。

 

お礼の一言だけでも述べた方が、今後の人間関係を円滑に進めることができるのは、一目瞭然ですね。

 

お礼や見返りが欲しくて好意を与えているわけではないにしても、人間関係とはそうゆうモノですよね。

 

・プラスを与えれば、プラスが返ってくる

 

・マイナスを与えれば、マイナスが返ってくる

 

この2つを強く意識することが、良い人間関係を築く秘訣かもしれませんね!

 

ちなみに、恋愛でも返報性の法則は利用できますが、やりすぎ使いすぎは厳禁です!

 

不信感を募らせ、最悪、ストーカーに発展するかもしれないので。(笑

まとめ

非常に強力な力を持つ、返報性の法則について説明してきました。

 

ここでおさらいしていきましょう!

 

・返報性の法則により、人は与えられると返したいという気持ちになる。

・ビジネスでの返報性の法則は、「与える」ことで効果が生まれる。

・人間関係での返報性の法則は、「返さなければならない」という意識が重要。

 

ビジネスや人間関係に絶大な効果をもたらす返報性の法則ですが、利用する際には「倫理観」が非常に大切だということを覚えておいてください!

 

見返りを求めてしまったり悪用すれば、何も効果は得られませんし、最悪の場合、詐欺や恐喝などの犯罪行為にまで発展しかねません!

 

常識を持って、正しい使い方をして効果を実感してくださいね。

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

Twitter開始3カ月で

フォロワー5000人達成!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

最近の投稿
カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら