人間関係のストレスが原因?ストレス頭痛の原因と対処法はこれ!!

目安時間 16分
プロフィール:毎日朝7時に自宅を出て21時に帰宅する、ブラック企業の営業職!時間がない!!が口癖だったが、唯一の救いはスマホを持っていたこと。スマホを使って副業を開始して1年でたったころには年間50万を稼ぎ出した。

独自で外注化戦略にチャレンジし、試行錯誤の末外注スタッフさん100名以上管理することができるようになりました。そこから自分で書かないkindle書籍の出版方法を確立。現役でブラック企業で働きながら、スマホを使っての外注管理・SNS戦略・Youtubuなどを駆使して展開中。移動の多い営業職なら、時間の使い方さえ覚えてしまえば、スキマ時間だけで情報発信できちゃいます。

時間がないが口癖の私が行っている唯一無二の方法、外部パートナーと連携した仕組化、ゼロに近いぐらい時間がなくても副収入化を実現しました。超忙しい営業職の会社員の僕が『最速で』実績を作るために行った0⇒1戦略の秘密と行動力の出し方「人生が変わる行動力」を出版中(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをメルマガ講座にて無料配信中

 

今、日本が頭痛大国だと言われているって知っていましたか?

 

世界的に見ても頭痛を患っている人の数が多く、なんと3人に1人は頭痛持ちと言われているみたいなんです。

 

なかでもストレスからくる頭痛が多く、今あなたが感じている頭痛は人間関係で感じるストレスが主な原因かもしれません。

 

この記事ではストレス頭痛を理解してもらい、悩んでる方達のために対処法や発散方法を知ってもらうことで、少しでも読んだ方の助けになればと思います。

 

人間関係からくるストレスについて

最初に、なぜ人間関係からくるストレスに注目するのか?ですが。

 

今の日本人が感じるストレスの大半は人間関係が原因と言われているからなのです。

 

職場でも家庭にいても、学生であれば学校や塾、ネットの世界でも関わるのは必ず人ですからね。

 

無人島に一人きりで自給自足で生活していますというのであれば話は別ですが、あなたの生活には何かしらの形で必ず人が関わってきてますよね。

 

なので、まずはここを克服することが頭痛改善の第一歩なのです!

 

人間関係はストレスの原因第一位

 

現代の人がストレスを感じていることランキングで色々なサイトを調べたところ、なんと必ずトップに人間関係がくるということがわかりました。

 

大概の人が人間関係でストレスを感じているということなんでしょうね。

 

調べている時はだよねーと心の中で思ってました。(笑)

 

私も仕事柄人と関わる機会が多いので、中々気が休まる機会もなくてですね。

 

普段ストレスを感じていることは何ですかと聞かれたら、間違いなく人間関係と言うでしょうね。(笑)

 

ストレスを感じやすい人の特徴3選

 

では、どんな人が人間関係においてストレスを感じやすくなっているかなんですが、病院の先生曰くこんな特徴の人とのことでした。

 

【真面目な人、優しい人、責任感が強い人】この3つに当てはまる傾向が強いと言われているみたいです。

 

具体的にいうと、



    • 真面目過ぎて、何事も完璧にこなそうと行動してしまう人。
    • 優しいせいで周りにあわせたり、人の文句や愚痴を聞くことが多い人。
    • 責任感が強く、任された仕事や立場をしっかりこなそうとして過剰になりすぎてしまう人。


ストレスを感じやすい人に多く見られるのがこの3つのタイプなんだそうです。

 

あなたの周りにもこんな方いますよね?

 

人間関係によるストレスで体を壊した過去

 

私も昔から人の目を気にする高い理想を持って生きている人間でした。

 

自分でいうのもなんですが、小さい頃から10代までの私はとても真面目で親に迷惑をかけたくなくて優しい人間でいること、自分の行動に責任感を持ちルールを守るタイプでした。

 

とにかく周りに迷惑をかけず、よく見られたいという想いが強くて自分の行動に制限をかけたり、感情を殺して泣きたくても悔しくても我慢したり、なにか上手くいかないときは自分の努力が足りない、自分の我慢が足りないからうまくいかないんだと思い込んでいました。

 

自分で自分自身に催眠術をかけているかのような状態で、自意識が過剰になっていたんですよね。

 

常に意識を張り巡らしていたので、気が抜けるのは自分の部屋でベッドに1人で横になっている時だけでした。

 

学生の時部活で副部長を任され、自分の気持ちとは裏腹に周りの模範であるべきと考えて、過剰にこうあるべきとかこうするべきだと周りに強くあたり、よく喧嘩のようになる時もありました。

 

アルバイトを始めた時も、リーダーを任された時に自分の気持ちとは裏腹に過剰に周りに指導をしてしまい、人間関係が上手くいかないこともありました。。

 

色々な人間関係でのストレスの積み重ねで、私の場合頭痛はそれほどではないのですが、胃腸が弱くなり、二十歳になる頃にはなにかとすぐ下痢になってしまう体質になってしまいました。

 

それでようやく気づいたんですよね。

 

『あ、俺ずっと無理してたんだな』って。

 

私のように急に我に返ったかのように気づける人はいいのですが、実際いくつになっても自分の自意識が過剰になっていてもそれに気づけず、変えられずに病気を患う方が沢山いらっしゃると思います。

 

私の身内にも重い頭痛持ちがいるのですが、人間関係でのストレスのせいで慢性化した緊張型頭痛と片頭痛を患っていて、今も日々苦しんでいます。

 

やはり責任感が強く、心優しい性分のせいで周りの影響に振り回され、それにも頑張って耐えてきたせいで長年頭痛に悩まされ、慢性化してしまい、簡単には治せないものになってしまったのです。

 

頭痛について

次は頭痛についてですが、皆さんそもそも頭痛には種類があるって知っていましたかね?

 

色々な要因によって引き起こされ、なんと300種類程にも分類されるそうなんです。

 

これ普通にびっくりじゃないですか?

 

その中でも大きく二つに分かれるみたいで、特に何かの影響で病気でもないのに起こる物が一次性頭痛と呼ばれるもので、他の疾患などが原因で引き起こされるものが二次性頭痛と呼ばれるそうです。

 

ストレスによる頭痛はどんなもの?

 

ストレスが原因によるものは一次性頭痛に分類されています。

 

代表的なものが「緊張型頭痛」、「片頭痛」と呼ばれる2つで、中には緊張型頭痛と片頭痛があわさって頭痛になる人もいるそうです。

 

これが中々厄介なものでして、頭痛によって対処法も代わってくるみたいなんです。

 

私も身内に間違った対処をさせてしまい、『こんなに頑張って色々試しているのになんで良くならないんだろう』という気持ちにさせ、更にストレスを与えてしまう悪循環に陥らせてしまうこともありました。

 

頭痛はほんとにデリケートなものなので、あなたも家族や友達知り合いなどにアドバイスをするときは、しっかりとお医者さんや整骨院などの先生に相談したりしてくださいね。

 

頭痛についてもっと知りたい方に

 

私も身内の頭痛が心配で色々調べたり、色々な病院、整骨院に付き添っていたので分かったのですが、本当に頭痛とは難しいもので、お医者さんや整骨院の先生でも原因の特定は難しいらしく、特に一次性頭痛に関してはほぼ特定が難しいそうです。

 

それくらい頭痛は複雑なものなので、専門的な知識をもった先生の所へ受信していただくのがいいのですが、働かれている方であれば中々病院に行っている時間もとれないですからね。

 

頭痛の原因を特定して治療していくためにも、もっと頭痛について詳しく調べたい方もいらっしゃるかと思います。

 

なので、頭痛に関して詳しく解説されている専門の病院の先生が監修していたり、製薬会社様のサイトがあったので、こちらを参考にしてみてください。

 

頭痛on-line…総合的に頭痛について調べたい方はこちら

サワイ健康推進課…緊張型頭痛と片頭痛について知りたい方

 

対処法・発散方法は?

 

まず間違えないでもらいたいのは、自分の頭痛は何が原因で引き起こされているのかをできるだけ把握する事が大事です。

 

前述の通り私も頭痛に悩む身内を助けてあげたくて、色々調べました。

 

そのせいで正しい情報がなんなのかわからず、これもやったらあれもやったらと押し付けてしまい、結果的にそれも相手のストレスになってしまっていたことがありました。。

 

頭痛というのはとても複雑で色々な要因が絡んで引き起こされるものもあるそうなので、まず病院や整骨院で信頼のできそうな先生を探し、根気よく見てもらうことです。

 

そしてあせらずしっかりと見極め治療することです。

 

勿論自分自身でもストレスを貯めないように対処することが大事になってきますね。

 

対処法

 

自分でできる対処法としては、まず人間関係でストレスを感じないようにするためなるべく自意識を過剰に持たないようにすること

 

具体的に言うと『これくらいでいいや』とか『まいっかー』みたいに思えるように練習することです。

 

そして周りにも期待しすぎないこと、押し付けないことです。

 

最初は難しいと思うので、できるかかぎりでいいんです。

 

ちなみに私も実践している方法です。

 

コツはいい意味でアホになることです。

 

気楽にやりましょう。

 

自分がずっと思い込んでいたりこうありたいと信じてきたことは、意外とそうでもなくてもよかったなーとあとあと思うことの方が多いのです。

 

『自分は弱音なんて吐けない』『頑張らないといけないから』、こういう気持ちは大切ですが、あまり我慢しすぎて取り返しのつかないことにならないよう自分を大切にすることも考えるようにしましょう。

 

まず周りのことは気にせず、たまには自分1人の時間を作るようにしてみてくださいね。

 

 

発散方法

 

私のお勧めのストレス発散方法は、ずばり【筋トレやランニング】【しっかりと寝ること】です。

 

一度しっかり寝てみてください。目覚ましのタイマーをかけず、一日でいいからそんな日を作ってみてください。

 

気を抜いて、身体をリラックスさせて寝ていんだと考えて何も気にせず寝てください。

 

大事なのは頭を空っぽにすることです。

 

『そんなに寝れないよー』とか『途中で起きちゃうし。。』というかたいらっしゃると思います。

 

そんな方も、大事なのは慣れさせることです。

 

意識をして自分が気持ちよく寝れるようにルーティーンを考えてみてください。

 

自分がどういうとき、どうしたら寝やすいのか。

 

それを少しづつ意識して変えていくことで寝れるようになります。

 

そして筋トレとランニングです。

 

やりすぎないように適度にストレスにならないようにやることが大事です。

 

できる時にできるだけでいんです。

 

筋トレとランニング両方とも言えることですが、大きく筋肉を使うことで身体がいい感じに脱力出来て凝りもとれますし、眠りやすくもなるんです。

 

私はこれ両方実践しています。

 

一番のメリットは自分一人でできてかつコスパもいいところと、誰でもできていつでも始められるし、ダイエットになるというところですね。

 

もし筋トレとかランニングは億劫だなーと思う方は、動的ストレッチと呼ばれるものを試してみてください。

 

代表的なもので言うと皆さんご存じラジオ体操です。(笑)

 

同じような効果が得られるので是非やってみてください。

 

大事なのはできることを少しづつやってみることです。

 

駄目だったら変えればいいだけなのでまずは気楽に試してみてください。

まとめ

最終確認


    • 人間関係でストレスを感じるのは自意識が強く周りに気を使いすぎるから
    • ストレスによる頭痛は緊張型頭痛と片頭痛
    • 治療のためにはしっかりと信頼のおけるお医者さんにじっくり診てもらうこと
    • ストレスを貯めないための対処法は阿保になること
    • 発散方法は適度な運動しっかりとした睡眠(コスパいいし誰でもできるから)


人間関係でストレスを感じるのは当たり前で、大事なのはいかにストレスを減らしたり発散させられるか。

 

力を抜くことを覚えて、たまには1人でゆっくりと頭を空っぽにする時間を作ること。

 

ストレスを感じない時間を作ることがなにより大事なんです。

 

我慢や頑張りは人生で大事だけど、もっと自分を大切にしてあげてください。

 

そして是非今日からこの記事で学んだことを実践してみてくださいね。

超ブラック企業リーマンの副業10万円物語!

激務リーマンのゆうたくと申します。

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のブラック企業勤めの激務リーマン僕が、スキマ時間を使って10万以上以上稼ぐことに成功しました!

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

スキマ時間でも10万稼ぐのなんて方法を

知ってるか知らないかだけの単純なことだよ?

 

10万円物語ってなんのことだ?

 

人生変わるべ??

 

無料プレゼントの電子書籍の感想待ってるよ

ブラック企業勤めの激務サラリーマンのわたしが

たったの3か月で実践できた

10万円の作り方が知りたきゃココ!

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら