上司との付き合い方に悩むサラリーマン必見!上司を味方につけよう

目安時間 9分
プロフィール:毎日朝7時に自宅を出て21時に帰宅する、ブラック企業の営業職!時間がない!!が口癖だったが、唯一の救いはスマホを持っていたこと。スマホを使って副業を開始して1年でたったころには年間50万を稼ぎ出した。

現在も、独自で外注化戦略を覚え、常に外注スタッフを100名以上管理しながら、自分で書かないkindle書籍の出版方法を確立。現役でブラック企業で働きながら、スマホを使っての外注管理・SNS戦略・Youtubuを駆使して展開中。移動の多い営業職なら、時間の使い方さえ覚えてしまえば、スキマ時間だけで情報発信を可能にできます。

時間がない口癖の私が行っている唯一の方法、外部パートナーと連携した仕組化、ゼロに近いぐらい時間がなくても副収入化を可能にした。超忙しい営業職の会社員が実績を作るために行った100人戦略の秘密と行動力の作り方「人生が変わる行動力」を出版中(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをメルマガ講座にて配信中

サラリーマンにとって「上司とうまく付き合うこと」は、快適に仕事をするため大切。

 

反りの合わない上司とギスギスしながら仕事をするより、上司を味方にした方が、効率も良くなるし精神衛生上もいいと思いませんか?

 

「上司を味方にするなんて、できるのは恵まれた環境の人だけでしょ。」

そう思うのはまだ早い!

 

私がサラリーマン生活を送る中で見つけた方法をお伝えしていきます。

 

サラリーマンが上司を味方につけるメリットは

サラリーマンが上司を味方にすると、得られるメリットはたくさんあります。

 

改めて整理してみます。

 

メリット1 評価が良くなる

多くの企業は、上司が部下を一方的に評価する制度になっていると思います。

 

企業によってきちんと評価基準があるとは言え、結局のところ評価するのは「人間」。

 

上司から嫌われているよりは、好感度が高い状態の方が、よりよい評価になるのは、悲しいけれど実際あることです。

 

メリット2 自由に仕事ができる

部下の仕事を管理するのが、上司の仕事。

 

部下がきちんと成果を上げるように、上司は私たちの業務の進捗をコントロールしようとします。

 

 

ここで上司を味方につけると、上司は私たちに安心して仕事を任せてくれるはず。

 

つまり、信頼してくれているということ

 

 

業務の進捗や成果が見えなくても「仕事をしている」と信じてくれる。

 

だから、ある程度いまの業務の枠から外れたことをしていても、咎められるどころか、「組織にとってプラスになる」と期待されるようになりますよ。

 

メリット3 情報が集まりやすい

迷っている事や、これから取り組もうとしている事がある時、相談するのは敵視している人…という方は殆どいませんよね。

 

 

上司が私たちの味方=私たちは、上司にとっての味方。

 

上司の味方になれば、上司以外は知らないような情報も話してくれます。

 

 

この結果、先回りして対応できる機会が増え、より高評価を得られるようになる…という好循環につながるんです。

 

上司を味方につけるための付き合い方とは?

「上司を味方につけると良いこと尽くめ!じゃあ早速実践しよう!」

と言ってすぐにできるなら、とっくに上司は味方になっていますよね。笑

 

そこで、自身で模索して見つけた方法をご紹介します。

 

 

誰でも簡単に取り組めますが、地道な方法です。

 

ローマは一日にしてならず。

 

人の心を変えるのも一朝一夕にはいきません。

 

でも、続けていれば効果を実感できるはずなので、諦めずにトライしてみてください。

 

上司を味方につける方法1 上司を人間だと認めよう

まずは最初のステップです。

 

上司を「人間」だと認めましょう。

 

なにを言っているんだと思うかもしれません。笑

 

 

でも、少し考えてみてください。

 

理不尽な指示をされる理由を、考えたことはありますか?

 

「自分がされたこと」ばかり考えてしまっていませんか?

 

上司を「上司という生き物」だと思っていませんか?

 

 

上司を「私たちと同じ人間」だと認めることで、上司の置かれた状況や言動の意味に目を向けられるようになるはずです。

 

理不尽な指示を受けても、上司の置かれた状況を少し想像してみれば、納得はできなくても理解はできるかもしれません。

 

 

「私たちと同じ人間」だと上司を認めることは、上司を味方につけるために不可欠な最初のステップですよ。

 

上司を味方につける方法2 上司の言動を観察しよう

最初のステップ「上司を人間だと認める」をクリアしたら、次のステップです。

 

上司をひたすら観察しましょう。

 

 

「観察ってどういうこと?」

と疑問に思うかもしれませんが、仕事中ずっと凝視するわけではありません。

 

それでは不審者ですよね。笑

 

 

具体的には、仕事で私たちや同僚と接するときの上司の言動に注意します。

 

・上司が気を配っているのは、どんなこと?

 

・上司が気を引かれるのは、どんな情報?

 

 

上司の言動をつぶさに観察することで、上司が大切にしている考え方が見えてくるはず。

 

これが分かるようになれば、ステップ2はクリアです。

 

上司を味方につける方法3 上司に合わせて仕事しよう

上司が大切にしている考えが分かったら、それに沿うように仕事を進めましょう。

 

上司に賛同するように、私たちも考え方を変えるというわけではありません。

 

それではストレスが溜まるばかりですよね。

 

 

上司に合わせ、仕事を進める順番や情報の出し方を変えれば良いだけ。

 

具体的には模索するしかないですが…。

 

私が実際に試した方法を<具体例>として紹介します。

 

具体例1 「知りたがる上司」

なにかを報告すると「聞いていない」と真っ向から否定する上司。

 

彼らは「知らない」ことを嫌がります。

 

だから、こまめに情報を出すのが大切です。

 

 

通常業務を行うとき以外は、仕事を始める前に必ず方向性を相談するようにして、頻繁に業務の進捗を伝えるようにしました。

 

このとき、確定事項として「報告」ではなく、「相談」する要素を残しておくと、真剣に考えてアドバイスをくれるのでおすすめです。

 

具体例2 「マシンガン上司」

こちらが考えている間に自分でも進めてしまって、マシンガンのようにどんどん指示をぶつけてくる上司。

 

すべてには対応できないし、だからと言って無視してしまうと心象が悪くなるし、厄介ですよね。

 

マシンガンのようにぶつけてくる指示は、思いついたものを小出しにしていることが多かったです。

 

すべてに対応しなくても、いくつか拾うだけで満足してくれました。

 

どの指示に対応するのかをきちんと示すと、上司は「応じてくれた」と満足してくれるようです。

 

まとめ

私なりに模索した「サラリーマンが上司を味方につけるための付き合い方」をご紹介しました。

 

具体的な方法は、以下の3ステップ。

  1. 上司を「人間」だと認める
  2. 上司をひたすら観察する
  3. 上司に合わせた対応をする

 

ひとつひとつステップを踏んでいくことで、少しずつ上司を知ることができるはずです。

 

恋愛ゲームだと思って取り組めば、案外楽しいかもしれませんよ。笑

超ブラック企業リーマンの副業10万円物語!

激務リーマンのゆうたくと申します。

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のブラック企業勤めの激務リーマン僕が、スキマ時間を使って10万以上以上稼ぐことに成功しました!

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

スキマ時間でも10万稼ぐのなんて方法を

知ってるか知らないかだけの単純なことだよ?

 

10万円物語ってなんのことだ?

 

人生変わるべ??

 

行動の最初の1歩踏み出しましょうや!

ブラック企業勤めの激務サラリーマンのわたしが

たったの3か月で実践できた

10万円の作り方が知りたきゃココ!

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら