サラリーマンで副業する場合払う税金とは?基本的な2つを覚えよう

目安時間 8分

2018年「副業元年」を機に社会的にも副業ムードが高まってきました。

 

そんな中、多いとはいいがたくとも就業規則の中で副業を認める企業が増えてきたのも事実です。

 

もし、あなたが働いている会社が現状副業を禁止しているとしても近い将来解禁になりサラリーマンのほとんどが副業をする時代がくるかもしれません。

 

そうなる事を考えるとに少しでも先に副業のスタートを切る事が有利になる事もあるでしょう。

 

実際にそう考え副業のスタートを切っている人や興味を持っている人も多いはず。

 

しかし、副業というといろんなことが気になりますよね。

 

その中でも特に気になるのが「税金」なのではないでしょうか。

 

サラリーマンをしていると税金についてはほぼ会社任せで気にする必要はありませんが副業で自分で稼ぐとなるとそういうわけにはいきません。

 

今回は、副業で気になる税金について基本的な2つを紹介していこうと思います。

 

副業に掛かる2つの税金を押さえよう

サラリーマンの場合の税金は、会社が給料から天引きする源泉徴収という形であらかじめ支払いをしてくれているためほとんど気にする必要がありません。

 

源泉徴収で引かれているお金で支払われる税金が「所得税」「住民税」になります。

 

実は、副業で支払う税金も基本的にこの2つと認識していれば間違いありません。

 

それでは、それぞれの税金について説明していこうと思います。

 

所得税

所得税に関しては皆さんこれまで一度でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

簡単に説明すると以下になります。

 

◆所得税
1年間の所得に対して所得控除を差し引いた金額に対して一定の税率で支払う税金の事

会社の給与の場合はある程度1年間の所得とが分かるため、あらかじめ給与から必要額が天引きされており払い過ぎの分や保険等の所得控除の分が年末調整という形で帰ってくる仕組みになっています。

 

住民税

住民税に関しても皆さんの給料から差し引かれているので認識している人も多いのではないでしょうか。

 

簡単に説明すると以下の通りです。

 

◆住民税
所得額に応じて金額が決まるものでお住い都道府県の自治体に支払う税金
支払わられた税金は各自治体に行政サービスなどに使われる

 

住民税額は所得額によって変わりますが税率は10%というのが基本的になっています。

 

各都道府県自治体の条例などで変動することがあるので注意しましょう。

 

副業で「所得税」「住民税」払う必要がある場合

サラリーマンでも副業でも上で説明した「所得税」と「住民税」に関しては納税義務がありますが副業で2つの税金を払う必要が出てくるのはいつからなのでしょうか?

 

副業所得が20万をこえると確定申告をして所得確定をしなければいけない

皆さん確定申告という言葉をご存じでしょうか。

 

一度は聞いたことがあるという人もいると思いますが、サラリーマンだけをしている人にとってはあまりなじみのないものだと思いますので寛太院に説明し酔うと思います。

 

◆確定申告
所得額を確定させ所得税を納めるための手続きの事

 

サラリーマンの場合は確定申告は会社がやってくれているので自分でやる必要が無いのですが、副業の場合は20万を超えるの所得がある場合は確定申告をする必要が出てきます。

 

20万の所得=収入ではない

副業の場合20万をこえる所得がある場合は確定申告をし所得税額を確定しなけらばいけませんが、ここで注意して欲しいのは「所得=収入」ではなく「所得=収入-必要経費」であるという事です。

 

アルバイトでの副収入の場合は別ですが、例えばアフィリエイトな場合は購入したPCなどの代金は必要経費として扱うことが出来ます。

 

仮にPCが10万円であふぃりえいとからの収入が25万円だとすると、「所得=(収入)25万-(必要経費)10万」で15万となります。

 

この場合20万円を超えていないので、確定申告は必要なく所得税の徴収もありませんし所得税額に掛かってくる住民税も発生しません。

 

もちろん、この計算方法で所得が20満を超える場合は確実に確定申告を行い「所得税」「住民税」ともに納税をしなけらば行けません。

 

必要経費が認められるのは「雑所得」の場合

所得には「利子所得」「配当所得」「不動産所得」「事業所得」「給与所得」「退職所得」「山林所得」「譲渡所得」「一時所得」とこれのいずれにも属さない「雑所得」に分けらます。

 

この中の所得で必要経費が認められ野は「雑所得」の身になりますで注意が必要です。

 

「雑所得」以外の所得がある方は、それぞれの所得内容について調べる事をお勧めします。

 

ただ、サラリーマンの傍ら行う副業はほとんどが「雑所得」に当てはまる事が多いので、「所得=収入ー必要経費」という事は頭の中入れておきましょう。

 

そうすることで、無駄な税金を払わなくて済みます。

 

まとめ

今回は、副業で払わなければいけない税金について紹介させていただきました。

 

ポイントを以下にまとめたので確認してみてください。

 

◆副業で払わなければいけない税金は「所得税」と「住民税」
◆20万円以上の所得がある場合は確定申告をして「所得額」と「所得税額」を確定する必要がある
→これを踏まえて20万以上の所得がかくていした場合は「所得税」「住民税」を払う必要がでてくる
◆「所得=収入-必要経費」である

 

税金と聞くとあまりなじみがないため「ドキッ」とする方もいるかもしれませんが、実は調べればそうでもありません。

 

副業をする上でも仕組みさえ分かっていればネックとなる事はあまりありませんので、税金について調べ不安を取り除いたうえで挑戦してみてください!

 

 

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

Twitter開始3カ月で

フォロワー5000人達成!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

最近の投稿
カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら