仕事から逃げたい人必見!逃げて良いけど逃げ方を間違えないで!

目安時間 9分
プロフィール:毎日朝7時に自宅を出て21時に帰宅する、ブラック企業の営業職!時間がない!!が口癖だったが、唯一の救いはスマホを持っていたこと。スマホを使って副業を開始して1年でたったころには年間50万を稼ぎ出した。

現在も、独自で外注化戦略を覚え、常に外注スタッフを100名以上管理しながら、自分で書かないkindle書籍の出版方法を確立。現役でブラック企業で働きながら、スマホを使っての外注管理・SNS戦略・Youtubuを駆使して展開中。移動の多い営業職なら、時間の使い方さえ覚えてしまえば、スキマ時間だけで情報発信を可能にできます。

時間がない口癖の私が行っている唯一の方法、外部パートナーと連携した仕組化、ゼロに近いぐらい時間がなくても副収入化を可能にした。超忙しい営業職の会社員が実績を作るために行った100人戦略の秘密と行動力の作り方「人生が変わる行動力」を出版中(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをメルマガ講座にて配信中

毎日毎日仕事が辛い…

現代の社会にそう感じる人が多いかもしれません。

 

  • 劣悪な職場環境
  • 上司との人間関係
  • 好きでもない仕事

とにかく今の環境から逃げ出したい

 

逃げたい…」という感情は現代では特に多いんです。

 

辛い仕事から逃げたいと思う心情

 

私自身、仕事をしている上で

理不尽な社会人生活に嫌気が刺す事が何度もあります。

 

辞めたいと感じる事も何度もありますが、

 

辞めたいを通り越して

 

逃げたい…って思った時

結構な極限状態まで自分自身が

かなり消耗しきっているのではないでしょうか?

私自身、何度も逃げたいと思い、

そして何度も逃げてきた経験があります。

 

しかし、決してやってはいけない逃げ方と言う物も存在します。

 

その上で逃げたいと思う事は悪い事ではないと言う事を

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

会社員の鑑のような人は危険

 

では具体的に逃げるという真理について

 

AさんBさんという会社員を例に、

 

Aさんはいつも真面目で仕事に熱心。

 

上司や先輩にも好かれる、まさに理想的な会社員です。

Bさんは仕事の要領は良いが、どちらかと言うと不真面目。

 

いつも、どこと無くやる気がなく「あー、辞めたいわ」が口癖。

 

この場合、どちらの社員が先に逃げたいという感情になるでしょう?

もうお気づきかと思いますが、

 

恐らくAさんの方が逃げたいという感情に陥ります。

 

責任感が重荷になっている

上記を

もう一度比較してわかる様に、

この二人は完全に性格や仕事へのスタンスが二極化しています。

 

 

Aさんが社会人の鑑の様な働きを見せています。

言われた事はなんでもこなして、完璧に仕上げる。

「逃げるという選択肢なんてあり得ない」と思ってたりするかもしれません。

 

それは自分自身を責任感が突き動かしているから

何でもかんでも自分で背負い、飲み込もうとする癖と、

完璧に仕事をしなくてはいけないと言う癖がついてしまっているからなのです。

 

対してBさんは心の底では実際に仕事を辞めたいと思っていたとしても

要領よく仕事ができて、尚且つしっかりガス抜きが出来ている為

環境が劣悪だとしても、仕事から逃げたいと言う発想にはまずならないと思います。

(社会人としてどうなの?って言う点については今回は一旦置いておきましょう)

 

逃げる勇気を持てたらそれが第一歩

 

先ほどもお伝えしましたが、私自身の考えとして、

逃げる事が悪い事だとは思いません。

 

何故かと言うと、逃げる事は一番勇気のいる行動だからです。

 

 

例えば、上司に「退職届」を出した時、

ほぼ100%の確率で引き止められます。

 

「もっと頑張れないか?」「君が必要だから辞められたら困る」

「そんなんじゃ何処へ行っても通用しない」

 

引き止め方は数あれど、間違いなくこう告げられます。

ここで諭されて引き下がってしまうか、ここで初めて自分に素直に

逃げてみるかの分岐点だとは思いませんか?

 

無責任に言われる逃げちゃえば?はリスクが高い

私は世間のアドバイスとしてよく言われる

「逃げちゃえば?」という言葉に

どれほどの重みがあるのかを考える時があります。

 

基本的にはあまりその言葉の意味に大きな意味は無いと思います。

逃げた「後」の事までアドバイスをしてくれる人の方が珍しいと思いませんか?

 

例えば仕事を辞めたい。逃げたいと言う人に対して

「今の環境が辛いんだったら辞めちゃえば?仕事なんてどうにかなるよ」

 

と言う人と

 

「逃げたいなら逃げれるうちに早く逃げよう。具体的な目的が無いならまずは

自分自身の休養期間にでも充てて自分のやりたいと思える事に力を使う時間を作ったらどう?」

 

どちらの方が逃げる事へのアドバイスが身に染みますか?

恐らく後者のように諭してくれる方が有難いし身に染みますよね。

 

でも実はこれって後者の人が言っているは

前者の人が言っている事と全く同じです。

 

しかし、言葉の受け取り方が違う事で解釈が変わり、

逃げるという選択肢の重みを感じる事が出来るはずです。

 

逃げる事は目的では無く次への道であり手段

その選択として「逃げる」という手段があるだけなのです。

 

何年か前に放送されていたテレビドラマで

「逃げるは恥だが役に立つ」と言うドラマがあります。

 

今尚続編が続くヒット作のこのドラマ。

 

このタイトルが

実際にハンガリーにあることわざという事をご存知でしょうか?

 

「問題い向き合わずに逃げる事は普通に考えると恥ずかしいが、

その逃げた先に最善策があるかもしれない」

 

と言う意味だそうです。

 

「自分の戦う場所を選ぶ事」

「逃げ道を選択肢に入れる」

 

と言う仕事をする上で最も大切なスタンスだと言えます。

 

これはまさに「目的の為にある手段である」という事が

今も昔も変わらないと言う事でしょう。

 

まとめ

 

ここまでの振り返りとまとめをしましょう。

 

  1. 逃げたいと感じる人は責任感が強く完璧主義者な人が多い
  2. 無責任な逃げちゃえばいいでは危険
  3. 逃げる事は目的では無く手段
  4. 逃げるは恥だが役に立つ(かもしれない)

 

 

いざ、逃げるとなると

良くも悪くも環境が大きく変わります。

新しい道を自分で選択する事にもなります。

逃げる事自体は自分にとってノーダメージにはいかないという事です。

 

と言うよりも、逃げたいと言う感情になっている時点で

もうすでにボロボロになっている可能性すらあります。

 

心だけでなく、身体に大きく影響を及ぼす場合

そういう時には無責任であろうがなんであろうが

 

緊急脱出スイッチを押したつもりで迷わず逃げてください。

大前提として、体調と引き換えにする価値の仕事なんてこの世にありません。

 

そう言った意味も踏まえて逃げるという手段

より良い自分の未来に繋げてください。

 

超ブラック企業リーマンの副業10万円物語!

激務リーマンのゆうたくと申します。

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のブラック企業勤めの激務リーマン僕が、スキマ時間を使って10万以上以上稼ぐことに成功しました!

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

スキマ時間でも10万稼ぐのなんて方法を

知ってるか知らないかだけの単純なことだよ?

 

10万円物語ってなんのことだ?

 

人生変わるべ??

 

行動の最初の1歩踏み出しましょうや!

ブラック企業勤めの激務サラリーマンのわたしが

たったの3か月で実践できた

10万円の作り方が知りたきゃココ!

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら