転職先の決め方がわからない!?情報収集の方法と探し方の経験をお伝えします

目安時間 9分

転職を決めてから探す時に何を基準に転職先を選ぶのか考える方が多いですよね。

 

実際に転職先を探した時、何から参考にし、どのように決めると良いのか分からない事がありました。

 

今回は、転職先の決め方や考え方などを紹介したいと思います。

 

転職先の決め方・考え方

一言で「転職先を決める」と言うのは簡単なのですが、いざ探し始めると範囲を狭めなければ決められない事があります。

 

どのように転職先を決めるたり、考え方をしたりしたら良いのでしょうか?

 

決めるために必要な考え方とは

 

例えば、本当に何でもいいのであればパッと見て気になったところに応募すればいいだけですよね。

 

ですが、求人を見ると最低限の資格が必要だったり、雇用形態が書かれていたり何歳までと書かれていたりと細かく指定してある企業がほとんどです。

 

今まで契約社員やアルバイトで働いていたとしましょう。

 

今度転職する時は、正社員がいいと思うかもしれません。

 

となると、転職先を探す時には雇用形態は「正社員」というところを見なくてはいけませんし、自分が持っている資格が活かせる場所を設定すると範囲は狭まりますね。

 

さらには、今住んでいる場所から近い場所、通える場所とすればさらに範囲は狭くなります。

 

範囲が狭くなるという事は、選択肢も少なくはなりますが選びやすくなりますよ。

 

その中で気になる転職先がなければ、判断基準項目を1つずつ減らしてここだけは譲れないというモノだけで判断しましょう。

 

このようなことから転職先の決め方としては、まず自分の判断基準となる項目を決める事が大切です。

 

その他には、仕事をするのは何のためかで選んだり、目標を立ててそれに合う場所を探すという方法などもあります。

 

現実的には、生活のために仕事をしている部分もありますが、仕事をしている側から見ると、この仕事をしていてやりがいがあるとかやっていて良かったと思えるような仕事って理想的ですよね。

 

嫌々仕事をしていると長続きしない事が多いです。

 

なので、できれば「この仕事がしたい」「ここなら頑張れそう」などというところを選びましょう。

 

実際に働いて見なければ分からない内情もありますが、慣れれば問題ない場合もありますし、どうしてもダメだと思えば再度転職をすればいいです。

 

転職をする事に対して、何度もしていると次に転職先を探しても採用が難しくなるのではないかと思うかもしれません。

 

何度か転職をした友人もいましたが、履歴書に書ききれないくらい転職をしているので面接の時には「なぜ転職回数が多いのか?」とほとんどの転職先で聞かれたと言っていました。

 

それによって不採用だったこともあったようです。

 

確かに、何度も転職をしていると不利になる可能性はありますが、ポジティブに考えれば何社も働いてきているという事は様々な場所の内情を知る事ができるので経験が豊富とも言えます。

 

「何度も転職した」で終わるのではなく、

「自分は人よりも経験豊富でこんなところは良い部分だから他でも活かそう」

「ここは自分にとって合わない場所だから次に探す時にはここを注意しておこう」

などのように、その経験を転職先を探す基準にしたり、判断材料にしたりする事で自分自身も成長する事ができますよ。

 

すると、自分の中で目標ができて、「このような仕事がしたい」からそれができるまで転職をして探す。

 

というのも1つの方法です。

 

実際の転職先の探し方

考え方が分かったところで、実際に探してみましょう。

 

自分で探す場合には、キーワードを入れて検索します。

例えば、「活かしたい資格名 正社員 求人」などと入れると、さまざまな求人サイトが出てきます。

 

検索した時の一覧では、ハローワークなどの求人も出てきますが、実際にハローワークに行って紹介状を貰わなくてはいけない事があったり、専用サイトに登録しなくては利用できないところもあったりするので気を付けましょう。

 

その中で、よく使われるのはIndeedかもしれませんね。

 

私も探していた時にお世話になりましたが、とても調べやすくて使いやすいサイトです。

 

 

キーワードに沿った求人が出てきたら、勤務先を選べるので勤務先を選択します。

 

気になった場所の雇用形態や給料、内容などを確認した後、応募

 

この時に、Indeedに登録し履歴書・プロフィールなどを登録しなくては応募ができないので先に登録しておいてもいいと思います。

 

※応募するまでは、誰でも自由に見られるので登録していなくても求人を見る事が出来ますよ。

 

応募後は、連絡が来るのを待ちます。

 

連絡が来たら、履歴書を送って欲しいと言われるところや面接の日時を確認するところがあるので、その内容に沿ってそれぞれ必要な準備をするだけです。

 

他にも、有名どころだとリクナビやベネッセなんかもありますね。

メインの一つとして、わたしがよく探すのに使っていたのがベネッセです。

5人に1人が登録!オファー型就活【dodaキャンパス】

 

その他の求人サイトの場合

 

登録している求人サイトで探す場合には、サイト内でキーワードで検索や自分の判断基準となる項目などを細かく設定できる事もあるのでそれらを利用して探し、気になった求人に応募します。

 

サイトによってはハローワークのように自分と転職先を仲介してくれるところもあるので、自分に合った求人サイトを選びましょう。

 

まとめ

転職先の決め方・考え方が何となくでもわかったでしょうか?

 

転職先の決め方

  • 自分の判断基準となる項目を決める
  • 何のために仕事をするのかで選ぶ
  • 自分の目標が達成できる場所を探す


用紙などに書いておくと、より明確になって転職先を探しやすくなるのでおススメですよ。

 

転職先を探すこと自体は探すだけなので簡単です。

 

ただ、自分がそこで実際に働けるかとなるとここに応募していいのか?と判断に迷ってしまうかもしれません。

 

そのような時には、用紙に書いた事を再度考えながら、様々なサイトに登録して情報収集をするとあるサイトには求人を出していなかったところがここでは出していて、応募したいと思う求人が見つかる事もあります。

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

最近の投稿
カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら