サラリーマンの副業!会社に副業がばれない方法はあるのか?

目安時間 10分

「よし!時代の流れに合わせて自分も副業に挑戦しよう!」

 

「このままの給料だと将来が不安だし副業を始めよう」

 

そう考えている方もどんどん増えてきているのではないでしょうか。

 

かくいう私もその中の一人として副業を始めました。

 

一方でこんな不安を抱えている人もたくさんいるはずです。

 

「会社にばれたらどうしよう」

 

「世間的には副業を後押しする風潮だけど、自分の会社ではまだまだ副業をしていることを公言できる雰囲気はないな。。」

 

非常にこの気持ち分かります。。

 

副業に対する追い風が吹いているといってもまだまだ多くの企業では就業規則で副業を禁止しているところも多く、一歩踏み出すのに勇気がいりますよね。

 

しかし、副業はしっかりとした対策をすることでばれずることはありません。

 

今回はその方法を解説していきたいと思います。

 

初めに副業がばれる理由を知ろう

初めに「副業がばれる理由」を把握しておきましょう。

 

ポイントは以下の二つです。

 

①住民税の徴収額でばれる
②自分の行動や言動でばれる

 

このうち、②の「自分の行動や言動でばれる」は自分の意識一つで気を付けることが出来るので問題はないのですが、①の「住民税の徴収額でばれる」はしっかりとした対策が必要です。

 

簡単な税金の仕組みを知ろう

「なぜ住民税でばれるのか?」を知るためには簡単でも良いので税金の仕組みを知っておく必要があります。

 

知識として持っていてほしい税金は「所得税」「住民税」です。

 

それぞれを簡単に説明すると

 

〇所得税

それぞれの所得に応じて納税額が変わるもので国に納めるもの。

累進課税という方法をとっていて所得額に応じて課税率が5%~45%まで変わります。

 

〇住民税

自分が住んでいる市区町村へ支払う税金。

基本的に全国一律で10%となっています。(自治体の条例等で増減することがある)

 

「所得税」と「住民税」の徴収方法

それでは、次にそれぞれの徴収方法について確認していきましょう。

 

〇所得税

サラリーマンの場合→会社が給与を払う段階で事前に源泉徴収として回収しています。

なので給与をもらうアルバイトやサラリーマンは自分で確定申告をする必要がありません。

一方でアルバイト以外の副業で副収入がある場合は自分で確定申告を行い所得確定後に所得税を支払う必要があります。

 

〇住民税

前年度1年間の所得合計に対して徴収額が決まります。
会社が毎月の給与から住民税を天引きする徴収方法。会社に対しては会社に属する給与受給者から住民税を徴収する義務が地方増税法より定められています。

 

〇「普通徴収」

会社を通さず自ら住民税を納付する方法

 

基本的に国や市町村は確実に住民税を徴収したいため、「特別徴収」を会社に義務付けており何もしなければ上記した通り副業の収入も会社の給与と合算した所得として毎月の会社の給与から天引きされることとなります。

 

「普通徴収」に変更しよう

何もせずに副業の所得が会社の給与所得と合算され住民税を徴収されるとばれてしまいます。

 

なので副業で生じる所得に対しては「普通徴収」に変更しましょう。

 

やり方は簡単!

 

「普通徴収」に変更するためにはまず、住民税を収めている市町村(市役所など)に「特別徴収」と「普通徴収」を分けることが出来るか確認します。

 

おそらくほとんどの市町村で副業の収入に対しては「普通徴収」に分けることが出来るでしょう。

 

確認が取れたら、確定申告をする際に「自分で納付する」というチェック欄がありますのでそこにチェックを入れるだけです。

 

※中には特別徴収を推進している市町村のあり、「自分で納付する」にチェックを入れたのに特別徴収されえてしまう事もあるのでしっかりと確認する必要があります。

 

副業アルバイトはばれやすい

最後に「副業アルバイト」について説明しようと思います。

 

アフィリエイトや転売、不動産、コンテンツ販売などは自ら所得を生み出しているため確定申告が必要ですがアルバイトの場合は支払われる給与からすでに所得税が引かれています。

 

どういうことかというと確定申告する必要がなく、自然に住民税は特別徴収として給与の多い会社(本業)の方に請求が行くという事です。

 

なので、あらかじめアルバイト先と相談して現金でもらうなどの工夫が必要です。

(法には触れないようにしましょう。)

 

副業にはどんなメリットがあるのか。合わせて読んでみてください。

 

まとめ

今回は副業をばれないようにするための方法を解説しました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ポイントは以下の通りです。

 

〇住民税の対策をしっかりしておけばばれない
〇住民税には会社が毎月の給与から天引きする「特別徴収」と自分で支払う「普通徴収」がある
〇市町村に確認し確定申告で「自分で納付する」にチェックを入れ「普通徴収」にすればばれない

 

 

実は仕組みさえ理解することが出来ればしっかりと対策をすることが出来、副業が会社にばれる心配はほとんどありません。(副業アルバイトを除く)

 

副業に限らず、一見難しそうに見える事でも自分で調べて考えることで道が開けてくることってありますよね。

 

そういった体験が自信となり、その一歩一歩がまた新たな人生を切り開いていくのではないでしょうか。

 

その中でも、副業というのはこれからの人生を経済的にも経験としても豊かにしてくれる一つの方法だと私は考えています。

 

この記事を読んで一人でも多くの方が副業に挑戦してくれたら幸いです。

 

 

 

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

Twitter開始3カ月で

フォロワー5000人達成!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

最近の投稿
カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら