【マインドマップの使い方】初心者こそ、分析が重要!

目安時間 8分
プロフィール:毎日朝7時に自宅を出て21時に帰宅する、ブラック企業の営業職!時間がない!!が口癖だったが、唯一の救いはスマホを持っていたこと。スマホを使って副業を開始して1年でたったころには年間50万を稼ぎ出した。

独自で外注化戦略にチャレンジし、試行錯誤を重ねて外注スタッフさん100名以上管理することができるようになりました。そこから自分で書かないkindle書籍の出版方法を確立。現役でブラック企業で働きながら、スマホを使っての外注管理・SNS戦略・Youtubuなどを駆使して展開中。移動の多い営業職なら、時間の使い方さえ工夫できれば、スキマ時間だけで情報発信できちゃいます。

『時間がない』が口癖の私が行っている唯一無二の方法、外部パートナーと連携した仕組化、ゼロに近いぐらい時間がなくても副収入化を実現しました。超忙しい営業職の会社員の僕が『最速で』実績を作るために行った0⇒1戦略の秘密と行動力の出し方《時間管理術》×《仲間と一緒に人生を変える行動力の秘密》を出版中(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをメルマガ講座にて無料配信中

【マインドマップの使い方】初心者こそ、分析が重要!

マインドマップという言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

初心者の場合、あまり耳にする事はないかもしれません。

 

例えば、記事を書こうとしていたり、書いたりしていると、

  • 考えがまとまらない
  • 言葉でうまく表現できない
  • アイデアを思いついたのに、それ以上発想が広がらない

というようなことがないでしょうか。

 

そんな時に役立つのがマインドマップなのです。

 

今回は、そのマインドマップについてを紹介します。

 

 

マインドマップとは

マインドマップというの、「自分の思考や発想を視覚的に捉えて脳内の情報を整理・解放して、新たな発想を得るための手法」のことです。

 

「放射思考」と呼ばれる脳の仕組みがもとで、ひとつの情報が別の情報と関連付けられ、またその情報が別の情報へと展開していくという流れを指し、中心の情報から放射状に思考が広がることを言います。

 

簡単に言えば、思考・発想法の一つで、頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのことです。

 

マインドマッピングとも言われています。

 

このマインドマップは、放射思考に合わせた画期的な手法として考案されて広まりました。

 

なぜマインドマップが使われるのか?

なぜインドマップを使うのかですが、このツールを使う事で、発想が広がりやすくなり、ある情報をもとに連想したり、感情などを書き込むことで、それまで思ってもみなかった考えにたどり着く事が出来ます。

 

例えば、書きたい内容があった時に、忘れないように通常のメモや箇条書きをする事があると思います。

 

それでもいいのですが、これではその時の感じた事や考えた事しかなく、後から見返した時に分からなくなってしまったり、内容が広がらなかったりする事があります。

 

ですが、マインドマップを使うと絵や図、色などを使って描きだすので、文字情報だけよりも記憶に定着しやすいという効果も見込めます。

 

脳の思考を見やすく、分かりやすくする事で「その意思決定はどのような思考のプロセスを経たのか」を捉えることも可能になります。

 

理解力や学習能力を高めたいときや仕事の能率・生産性を向上したい時などにも使えるおすすめのツールです。

 

「マインドマップ」を使おう

マインドマップの事を知って、使う事がいいのはわかったけれど実際にどのように使うのか分からないと使えませんよね。

 

何を書いていいのか、まとまらない時に、「マインドマップ」はとてもいいツールだと思います。

 

ツールという事は、パソコンに何かをインストールしなくてはいけないの?

と思うかもしれません。

 

出来る人は、パソコンにツールをインストールしてもいいですし、インストールまではちょっと……と思うのであれば、紙に書いてみてもいいですよ。

 

必要な物は、書くものと大きめの紙やノートを一枚です。

 

書き方

 

書き方としては、

紙の中心に主題となるテーマを書きます。

 

主題を書いたら、そこからブランチ(枝)を伸ばして、ブランチの上に思い浮かんだ言葉や絵を書き込んでいきましょう。

 

基本的にはこの繰り返しなので、簡単だと思いませんか?

 

この時、書くのは言葉でもいいですし、絵や図でもおすすめです。

 

上手く書かなくてはいけないとか、クオリティにこだわる必要はありません。

 

ただし、浮かんだ色や形状はできるだけ忠実に再現した方が分かりやすいですよ。

 

こうすると、ブランチからまた別のブランチへと連想が続いていくので、マインドマップは徐々に広がっていきます。

 

 

実際にマインドマップを使って記事を書いてみよう

マインドマップを使うことで、不思議と、自由に思考をどんどん広げていくことができます。

 

真ん中にやるべき中心となることを書いて、それに関連する、出てきたアイディアをつなげて(連結して)いきます。

 

ですが、人によっては記事として投稿するか、動画で伝えたほうが良いか、音声にした方がいいかというやりやすさは違うでしょう。

 

私の場合には、ブログや記事を書く時に使っていますが、どのような場面でも使えます。

 

このツールを使うと、今日書くことや明日書きたいことがはっきりしてきますよ。

 

その他にも、今後やることなどが自分の中でまとまるので、記事投稿に何を書いていいのかいつも考えてしまうことが多い人は、ぜひマインドマップを取り入れてみてください。

 

マインドマップは、頭の中の情報を処理する必要がある時に使うと、思考力をもっと高めることもできるので本当にお勧めします!!

 

パソコンにマインドマップツールをインストールする場合には、有料の物と無料のツールがあるのでよく見てから選択しましょう。

 

私の場合には「EasyStep(Win)」というのを使っています。

 

それしか使ったことはないのですが、ワードなどと同じような感覚ですぐに使えました。

 

他にも、マインドマップで検索すると数えきれないくらい出てくるので検索してみてくださいね。

 

 

まとめ

マインドマップは、思考・発想法の一つで、頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのことです。

 

このツールを使うと絵や図、色などを使って描きだすので、文字情報だけよりも記憶に定着しやすいという効果も見込めます。

 

 

書き方としては、

紙の中心に主題となるテーマを書く。

 

主題を書いたら、そこからブランチ(枝)を伸ばして、ブランチの上に思い浮かんだ言葉や絵を書き込んでいく。

 

基本的には、この繰り返しです。

 

何を書いていいのか分からないとか、まとまらない時には「マインドマップ」は使えるツールだと思いますよ。

超ブラック企業リーマンの副業10万円物語!

激務リーマンのゆうたくと申します。

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のブラック企業勤めの激務リーマン僕が、スキマ時間を使って10万以上以上稼ぐことに成功しました!

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

スキマ時間でも10万稼ぐのなんて方法を

知ってるか知らないかだけの単純なことだよ?

 

10万円物語ってなんのことだ?

 

人生変わるべ??

 

無料プレゼントの電子書籍の感想待ってるよ

ブラック企業勤めの激務サラリーマンのわたしが

たったの3か月で実践できた

10万円の作り方が知りたきゃココ!

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

スマホ1つで副業開始!

パソコン苦手でも成果が出るまでの道筋を発信!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら