スプレッドシート内でグラフが利用できる!グラフの種類と挿入方法

目安時間 10分

スプレッドシートはできることがたくさんあるため、お仕事に使用する方も多くなっています

 

そこで、本記事ではそんなスプレッドシートにどんなグラフがあって、どんな時に使うことができるのかなどを詳しく紹介していきます。

 

スプレッドシートとは?

スプレッドシートというのは、Googleが提供をしている表計算のソフトのことを言います。

 

Excelなどのようにダウンロードやインストールをする必要がなく、Googleのアカウントさえあればだれでも利用することができるのです。

 

費用も一切かからず無料で使うことができます。

 

見た目はExcelと似ていて、Excelを使ったことがある方なら問題なく使用することができるでしょう。

 

スプレッドシートのアプリケーションも配信されているため、スマートフォンやタブレットで、いつでもどこでも利用することが可能です。

 

スプレットシートとは?合わせて読んでみてください。

グラフの挿入方法・様々な変更の仕方は?

スプレッドシートでグラフを挿入する際のやり方を詳しく紹介していきます。
  • グラフの挿入方法
  1. スプレッドシートを開き、グラフを作るための素材を打ち込みます。
  2. グラフに含める情報をドラッグし選択します。
  3. “挿入”を選択し“グラフ”をクリックします。

 

  • グラフの種類を変更する方法
  1. スプレッドシートを開き、変更するグラフをダブルクリックします。
  2. 右側の“設定”をクリックします。
  3. “グラフの種類”というところの“下矢印”をクリックしてリストの中からグラフを選択します。
  • グラフの外観を変更する方法
  1. スプレッドシートを開き、変更するグラフをダブルクリックします。
  2. 右側の“カスタマイズ”をクリックします。
  3. “グラフの種類”をクリックして変更します。

 

  • グラフにグリッド線を追加する方法
  1. スプレッドシートを開き、変更するグラフをダブルクリックします。
  2. 右側の“カスタマイズ”をクリックします。
  3. “グリッド線”をクリックし追加します。
  • タイトルやサブタイトル、タイトルのフォントを変更する方法
  1. スプレッドシートを開き、変更するグラフをダブルクリックします。
  2. 右側の “カスタマイズ”をクリックします。
  3. “グラフと軸のタイトル”をクリックし、“タイプ”で“変更するタイトル”を選択します。
  4. “タイトルテキスト”にタイトルを入力したり、フォントを変更します。

 

 

どんなグラフを挿入することができるの?

スプレッドシートに挿入できるグラフは様々あります。

 

いくつか抜粋して1つずつ紹介していきます。

 

折れ線グラフ

横軸に年や月などの時間、縦軸にデータ量をとり、それぞれのデータを折れ線で結んだグラフです。

 

線が右上がりはデータの増加や上昇、右下がりならデータの減少や下降をしていることになり、データの増減を見るのに適します。

 

 

複合グラフ

複合グラフは、縦棒や折れ線、面といったような複数の種類のマーカーを組み合わせてたデータを表すことができるグラフです。

 

他の系列と異なる種類のデータをグラフの種類を変えることで分かりやすくすることや、別の範囲を持った軸を表示することが可能です。

 

 

 面グラフ

面グラフは、各データの推移を視覚的に表すことができるグラフで、異なるカテゴリーデーターの間の値の変化を比較する場合などに使われたりします。

 

時系列を横軸として、数値またはパーセントを縦軸として測定し、関連する属性対象の累積した合計値を表し傾向を把握する為に使用されます。

 

 

縦棒グラフ

縦棒グラフは、データの数量を長方形の図形で縦軸に数値、横軸に項目をとって描画したグラフです。

 

一定期間のデータの推移を調べたり、データ間の比較をしたりする時に適しています。

 

 

 横棒グラフ

横棒グラフは、各カテゴリーのデータポイントの差を表すことのできるグラフです。

 

アンケート調査での回答人数などの数量をグラフで表す際によく使われます。

 

 

円グラフ

円グラフは、その名の通り丸い形のグラフで合計が100%になるデータの時に使われます。

 

円で100%を表しているため、それぞれに対しての割合も一目でわかるグラフです。

 

散布図

散布図は、横軸と縦軸に沿って数値座標を表すことができるグラフで、2つの変数間の傾向とパターンを調べることができます。

 

2つの量に関係があるかをみるのに使います。

 

ヒストグラム

ヒストグラムは、データの散らばり具合をみるときに使われます。

 

横軸にデータの階級を、縦軸にその階級に含まれるデータの数をとって棒グラフで表し、複数の項目のデータセットの分布を表すことができるグラフです。

 

ローソク足チャート

ローソク足チャートは、全体の変動の幅に開始値と終了値を重ね合わせて、株価の変動などを表すことができるグラフです。

 

1日の値動きが視覚的にわかりやすい指標になっています。

 

マップチャート

マップチャートは、国や大陸、地域の地図を表すことができるグラフです。

 

各地の値が色分けをされて表示がされます。

 

レーダー チャート

レーダーチャートは、複数のデータを1つのグラフに表わすことによって、全体の傾向をつかむことができるグラフです。

 

円を、データの項目数に応じて中心から放射状に線を引き、それぞれの線上にデータを表示して、それらを線で結んだ形状を見ることができます。

 

ゲージ

ゲージは、ある範囲内の数値や測定値を表すことができるグラフです。

 

値ごとにゲージが作成されるため、測定値を比較をすることが可能です。

 

表グラフ

表グラフは、スプレッドシートの表を並べ替え、ページ設定が可能な形で表すことができるグラフです。

 

スプレッドシートでダッシュボードを作成したり、ウェブサイトにグラフを挿入する際によく使われます。

 

スプレットシートでは、こんなことができます。合わせて読んでみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

  • スプレッドシートはExcelと似てるため使いやすい
  • グラフに含める情報をドラッグしてグラフを挿入できる
  • クリックと右クリックでだいたい変更できる
  • グラフがたくさんあるから、自分が使いたいグラフが見つかる

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

超ブラック勤めリーマンの副業収入を見てみる

会社員で、時間が全然取れなくて
いつも精神が削られてる日々を過ごしていた
ゆうたくと申します。

 

で、あんた誰ですか?ってなると思いますので
簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 

愛知県名古屋市生まれ・育ちの
ブラック企業勤めの会社員です。
時間がなくて、超ハードです。

 

たいした才能も特技もない
面倒臭がりのダメダメ人間で、いつも忙しいとか
時間がないが口癖のわたしが副収入を
手に入れることができました。

 

正直、だれでもやりゃできちゃうと思います。

 

面倒くさがりの、時間拘束の多い会社員しながらでも稼ぐことに繋がったかを以下の記事で公開しています。

ゆうたくの面倒くさがりっぷりを詳しくみてみる

 

 

激務でも関係なくなるスマホ戦略はこちらから

時間のとれないサラリーマンのわたしでも

たったの3か月で実践できた

副業収入の作り方はこちら

↓↓↓↓↓↓

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

失敗ばかりの人生だったけど

その失敗談を惜しみなく発信します

ブ○ック企業の営業職。

国内海外各地へ出張多数

Twitter開始3カ月で

フォロワー5000人達成!

外注さん100人以上雇ってます。

kindle出しました。

詳しいプロフィール


<人気ブログランキング>
応援よろしくお願いします

最近の投稿
カテゴリー
ツイッターはこちら
スマホぴっくはこちら